全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

いのちへの礼儀

国家・資本・家族の変容と動物たち

書誌詳細情報

いのちへの礼儀

国家・資本・家族の変容と動物たち

著者 生田武志

定価 2,700円 (税込)

ISBNコード 9784480818515

発行日 2019/02

出版 筑摩書房

判型/頁数 B6 452ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

人間にとって動物とは何者なのか。なぜ私たちは意図的に動物を殺すのか。それを問うことは、人類の来し方を振り返り、肉食への態度を語るのに等しい。ホモ・サピエンスの誕生以来二〇万年続いた「狩猟」。一万年前からの「家畜」。そして二〇世紀後半の「畜産革命」によって、まさしく「いのち」が産業化され、生権力の対象となった。大阪・釜ヶ崎という極限状況で人間の生と死を洞察してきた著者が、動物たちの生と死に真っすぐに向き合い、人間と動物との共闘の道をしめす書き下ろし評論。

目次

震災と動物たち(1)
前篇(「家族ペット」の時代 「生体商品」としてのペット 動物虐待―暴力の連鎖 屠畜と肉食の歴史 畜産革命―工業畜産と動物工場 ほか)
間奏
後篇(反「国家・資本・家族」の動物;動物と人間の共闘 動物の精神分析 日本現代文学と猫 戦争と動物たち ほか)
「野生生物の天国」チェルノブイリ

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る