全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

茶粥・茶飯・奈良茶碗

全国に伝播した「奈良茶」の秘密

書誌詳細情報

茶粥・茶飯・奈良茶碗

全国に伝播した「奈良茶」の秘密

著者 鹿谷勲

定価 2,420円 (税込)

ISBNコード 9784473042859

発行日 2021/02

出版 淡交社

判型/頁数 四六判 240ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

〈奈良の郷土料理「茶粥」とは?〉
〈江戸で食された「奈良茶飯」、それを食べるための「奈良茶碗」。奈良という土地から離れて名称が一人歩きした「奈良茶」の秘密〉

米を茶で炊いた「茶粥」は、奈良では郷土料理として古くから親しまれてきました。一方、江戸時代、明暦の大火後の江戸で爆発的に「奈良茶飯」と称されるものが人気を博し、それは西日本へも逆輸入されるにいたり、茶飯を食するための器として、蓋付きの茶碗が考案され、それは「奈良茶碗」と呼ばれました。これまであまり注目されることのなかった茶の文化を、歴史・民俗・文学などの視点から読み解いていきます。

目次

序章 大和の食文化
第1章 ソウルフードとしての茶粥
第2章 穀物と人間―米・麦・稗
第3章 茶粥
第4章 茶粥の起源説と歴史
第5章 奈良茶飯の登場
第6章 流行する奈良茶飯
第7章 奈良茶飯と東大寺
第8章 奈良茶碗
終章 スケープゴート 茶粥

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る