全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

秘伝・鈍穴流「花文」の庭

慶応元年、近江に咲いた造園業の源流と展開・魅力を探る

書誌詳細情報

秘伝・鈍穴流「花文」の庭

慶応元年、近江に咲いた造園業の源流と展開・魅力を探る

著者 近藤三雄 編著
山村文志郎
山村眞司

定価 6,264円 (税込)

ISBNコード 9784416618127

発行日 2019/04

出版 誠文堂新光社

判型/頁数 B5 408ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

代々受け継がれてきた蔵に眠る秘蔵資料から、「鈍穴流・花文は、開祖が明らかで、流儀の秘伝書も存在し、その技法が五代、150有余年にわたり、現在まで脈々と継承されている日本で唯一の庭園流派である」ことが明らかに。その真実とは―。

目次

「花文」が誕生した滋賀・近江は庭園の宝庫
「花文」の由来と系譜
鈍穴流開祖・勝元宗益
「花文」代々が書き記した「山村家文書」の全容
鈍穴の庭、歴代「花文」の代表的庭園作品選
近江商人によって育まれた「花文」の庭園業
近代から現代に継承される作庭の流派としての「鈍穴流」の評価と価値
鈍穴流「花文」の作庭を支えた伝統工法や道具類
庭園に使用した材料から見た鈍穴流作庭の特徴について
「山村家文書」に見る近代の庭仕事の手間賃ならびに庭園材料の値段と仕入れ先
「花文」の歩みを彩る歴史秘話
「花文」を守り育てるための新たなる挑戦
本書の成果とそこから展望できる今後の造園会が取り組むべき課題

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る