全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

ヨソでは聞けない話「食べ物」のウラ

書誌詳細情報

ヨソでは聞けない話「食べ物」のウラ

著者 (秘)情報取材班

定価 745円 (税込)

ISBNコード 9784413096966

発行日 2018/05

出版 青春出版社

判型/頁数 文庫 190ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

身近な「食べ物」をめぐる気になる最新事情を、まるごと一冊集めました。産地、流通、お店、食材など、外からは絶対にみえないその「裏側」を知ることで、もっとカシコく、もっと楽しく、もっと美味しく「食べ物」とつきあえる一冊。

目次

1 その“食べ物常識"を信じてはいけない(賞味期限―1日でも賞味期限を伸ばすための水面下の“攻防"
鮮魚―解凍魚でも「鮮魚」と名乗れるのはなぜ? ほか)

2 産地から食卓まで…気になる食べ物の裏側は?(トマト―暑さに強い野菜を夏場でもハウス栽培する裏事情
日本酒―酒を仕込んでいる間、職人が口にしない食べ物とは? ほか)

3 身近な食材をめぐるウソのような本当の話(キノコ―食用キノコも、生では食べられないのは?
ミニトマト―楕円形の「アイコ」がヒットした裏側 ほか)

4 なぜかその先を聞きたくなる「ローカル食」の秘密(中州の屋台―福岡の街に屋台が立ち並ぶのは?
ニシン―海のない会津で、ニシンが名物料理になった理由 ほか)

5 知的な大人は知っている食べ物の雑学(シャンパン―重要イベントで飲むようになったのは、あの“大会議"から
非常食―なぜ非常食といえば、「乾パン」と「氷砂糖」なの? ほか)

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

追悼かこさとしさん
あそびの大事典

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る