全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

共同体なき社会の韻律

中国南京市郊外農村における「非境界的集合」の民族誌

書誌詳細情報

共同体なき社会の韻律

中国南京市郊外農村における「非境界的集合」の民族誌

著者 川瀬由高

定価 5,500円 (税込)

ISBNコード 9784335561382

発行日 2019/12

出版 弘文堂

判型/頁数 A5 288ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

「何もない日常」に通底するもの

 農村の日常生活の情景にこそ、今日の中国の農民生活の息遣い、社会組成のありようを理解する手がかりがある。研究者を呪縛していた境界の存在を前提とする集団や組織といった語を離れ、境界が時と場合に応じて顕在化/潜在化し、その規模も伸縮に富むような〈集合〉を焦点化、中国理解の扉を開く。

目次

序章 共同体なき社会の探究
第1章 漢族農村研究における“集合"論の系譜
第2章 渦中の無形文化遺産―高淳三か村における祭祀芸能と機運
第3章 流しのコンバイン―収穫期Q村における即興的分業
第4章 村のたまり場―日常的交流にみる村民生活の韻律
第5章 「このトマトは都会人が一番好きなものだ」―日常会話における二分法的境界
第6章 粽をつくる、粽を贈る―端午節における儀礼食の贈与と「関係」
第7章 「家」と食卓―日常/非日常的共食にみる「家」の伸縮と「備え」
終章 韻律と社会

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る