全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

わが農業問題研究の軌跡

資本主義から社会主義への模索

書誌詳細情報

わが農業問題研究の軌跡

資本主義から社会主義への模索

著者 暉峻衆三

定価 5,280円 (税込)

ISBNコード 9784275010520

発行日 2013/11

出版 御茶の水書房

判型/頁数 A5 294ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

幕末・維新期から現段階までの日本資本主義展開の諸画期ごとの農業・食糧問題の所在と恩師たちの所説を追った著者の研究史。生まれ故郷・倉敷での労働科学研究所の設立と、それを巡る著者の両親と大原孫三郎、与謝野晶子、山川均、宇野弘蔵などとの交流。安部公房など著者の同級生との戦時下の学生生活、疎開先での生活、入隊と広島での原爆体験。激動する戦後の時代、大学紛争を生きた著者の、人びととの交流を綴る自分史。

目次

私が生きた時代
主な研究課題
生いたち―父母や故郷・倉敷のことなど
社会科学への関心を強める
陸軍経理学校への入隊と広島での原爆体験
復学から大学院に入るまで
大学院特別研究生になって
東大社研研究員に―宇野弘蔵との出会い
宇野主宰の「地租改正研究会」
大内力、山田盛太郎の理論と私の『展開』
東京大学文学部社会科学科の教員に
農業・農協問題研究所の会員として

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る