全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

いのちを選ばないで

やまゆり園事件が問う優生思想と人権

書誌詳細情報

いのちを選ばないで

やまゆり園事件が問う優生思想と人権

著者 藤井克徳
池上洋通
石川満
井上英夫

定価 1,760円 (税込)

ISBNコード 9784272360925

発行日 2019/12

出版 大月書店

判型/頁数 A5 208ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

社会を震撼させた障害者施設での殺傷事件から3年。出生前診断など新たな優生思想の登場を背景に、私たちの社会は被告の論理を克服したと言い得るのか。公判開始を前に、忘れてはならない人権保障の視点をあらためて提起する。

目次

序章 津久井やまゆり園事件―その本質と背景

第1章 私たちのやまゆり園事件―考え、語り続けること(事件の振り返り、そして未来へ
家族から見た津久井やまゆり園での暮らし
社会福祉・公務労働者、住民として見た事件
私たちの津久井やまゆり園2019―現場からのレポート「再生と共生」
行政の受けとめ方とその後―長くて短い3年
神奈川県検証委員会による検証とその後―事件が問いかけるもの
障害の重い人の暮らしのありかたと支援の本質
やまゆり園事件とメディア―ジャーナリストの立場から
「魂の嘔吐感」とどう向き合うか―植松聖被告と面会して)

第2章 事件の背景と要因―日本の社会保障・社会福祉と人権保障の貧困(優生思想の現代―やまゆり園事件と強制不妊・出生前診断
精神科医よ、診察室の外にも目を向けよ
社会福祉施設における労働・生活権保障の現状と課題
障がいのある人と家族の人権保障の現状と課題
国と地方自治体は障害のある人のいのちと暮らしを守れるか
人権主体性と津久井やまゆり園事件―憲法の視点から)

第3章 事件を受けとめ、どのような社会をめざすのか(障害者政策の歴史と現状からみたやまゆり園事件―事件の特異性と普遍性
人権をかかげよう―人間として生きる)

第4章 座談会・やまゆり園事件を生んだ現代社会と、めざすべき社会

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る