全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

「農業を株式会社化する」という無理

これからの農業論

書誌詳細情報

「農業を株式会社化する」という無理

これからの農業論

著者 内田樹
藤山浩
宇根豊
平川克美

定価 1,512円 (税込)

ISBNコード 9784259547646

発行日 2018/07

出版 家の光協会

判型/頁数 B6 228ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

内田樹氏、藤山浩氏、宇根豊氏、平川克美氏が、農業や農村の価値と将来を思い思いにつづった一冊。
資本主義経済が行き詰まりを見せるいまこそ、一読の価値あり!
巻末には、養老孟司氏と内田氏による特別対談も掲載。

目次

「農業を株式会社化する」という無理(農業は「弱い」もの 食料危機は起こり得る ほか)
年に1%ずつで田園回帰はできる(「市町村消滅論」への違和感 人口1%取り戻しビジョン ほか)
農本主義が再発見されたワケ(百姓仕事の不思議さ 「百姓」という呼称 ほか)
贈与のモラルは再び根づくか(グローバリズムとインターナショナリズム アダム・スミスは、グローバリストというよりはヒューマニストだった ほか)

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る