全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

私は真実が知りたい

夫が遺書で告発「森友」改ざんはなぜ?

書誌詳細情報

私は真実が知りたい

夫が遺書で告発「森友」改ざんはなぜ?

著者 赤木雅子
相澤冬樹

定価 1,650円 (税込)

ISBNコード 9784163912530

発行日 2020/07

出版 文藝春秋

判型/頁数 四六判 246ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

「私の雇用主は国民です」と語っていた実直な公務員が、なぜ死を選ばなければならなかったのか?

森友事件の渦中で、総理夫人らの名を隠蔽するために公文書の改ざんを命じられた近畿財務職員・赤木俊夫さん。懊悩の末、2018年3月、自ら命を絶った。享年54。

「財務省が真実に反する虚偽の答弁を貫いている」「最後は下部がしっぽを切られる」
赤木さんが遺した痛切な手記が、その死から2年たった今年3月、週刊文春で公開され、53万部が完売するなど大きな反響を呼んだ。

手記の公開を決意した妻の赤木雅子さんは、真実を明らかにするために国と佐川元財務省理財局長を提訴。さらに事件の再調査を求めて署名活動を行った。集った署名は35万を越え、事件解明に多くの国民が賛同していることが明らかとなっている。森友事件は、終わっていないのだ。
本書は、赤木雅子さんが国を提訴、トッちゃん(俊夫さん)の手記の公開へと至るまでの迷い、怒り、葛藤を率直に綴った「手記」と、事件を発覚当初から追い続けてきたジャーナリスト・相澤冬樹による「同時進行ドキュメント」で成り立っている。そこで明らかになってきたのは、遺族の思いを無視する安倍政権・財務省の隠蔽体質、そして改ざんに関わった職員らが軒並み出世しているという驚くべき事実だった。
巻末に赤木俊夫さんが遺した手記も全文収録。

目次

赤木雅子・相澤冬樹(トッちゃんの本を出すわけ)
赤木雅子(トッちゃんが遺した「手記」 トッちゃんと私 ほか)
相澤冬樹(一通のメールが事態を動かした 親しくなったり反発したり ほか)
相澤冬樹・赤木雅子(あの頃のトッちゃんに言ってあげたいこと)
赤木俊夫さんが遺した「手記」全文

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る