全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

食料植民地ニッポン

書誌詳細情報

食料植民地ニッポン

著者 青沼陽一郎

定価 715円 (税込)

ISBNコード 9784094064483

発行日 2017/09

出版 小学館

判型/頁数 文庫 348ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

自給率わずか39%の日本は、もはや米国と中国の「食料植民地」だ―。肥満問題にさらされる沖縄を皮切りに、世界各地で「日本の食」が生み出される現場を取材。米・シアトル「BSE感染牛」、タイ・バンコク「冷凍タコ焼き」「鮨ネタ」「アジフライ」、チリ・チロエ島「サケの養殖場」、中国・青島郊外「ホウレンソウ、里芋、枝豆」「骨抜きタラ切り身」、中国・上海沖「アナゴ」―そして、東京「コンビニ各社のお弁当」。このままで食の安全は守られるのか?外国からの供給はずっと途絶えない?綿密なデータを加えて、食の「安全保障」をめぐる日本の危機的状況を抉り出した問題作。

目次

第1部 メタボリックシンドロームは米国の侵略だった(長寿の島を襲った「第2の沖縄戦」 太らされても米国の保険が待っている ほか)

第2部 日本に食の安全なんてありえない(「プリオンのロシアンルーレット」がはじまる 黒船の国からの再開国要求 ほか)

第3部 世界に広がる日本の食料基地(「広島風お好み焼き」はタイで作られていた タイ・メコン川に日本「食料敗戦」の予兆 ほか)

第4部 中国“毒"食品騒動の深層(日本野菜をつくる山東省“野菜基地" 中国野菜に「依存」しつつ「規制」する大矛盾 ほか)

第5部 植民地が宗主国に捨てられる日(「農家だってバカじゃない」から日本農業は衰退した 米国様の輸入品だけ安全基準を緩和する ほか)

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

農文協ブックレット21
新型コロナ 19氏の意見

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る