全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

日本の食はどう変わってきたか

神の食事から魚肉ソーセージまで

書誌詳細情報

日本の食はどう変わってきたか

神の食事から魚肉ソーセージまで

著者 原田信男

定価 1,836円 (税込)

ISBNコード 9784047035232

発行日 2013/04

出版 角川学芸出版

判型/頁数 B6 254ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

食の原型、神に捧げる神饌料理、料理技術に革命をもたらした精進料理、肉食を促進した明治の戦争・軍隊食、戦後の魚肉ソーセージ出現の理由など、時代ごとの食文化の転換点と歴史のかかわりを解明。発見の食文化史。

目次

第1章 神々の食事
第2章 精進料理の成立と懐石料理
第3章 ソバとウドンの展開
第4章 ブドウとブドウ酒の登場
第5章 文明開化と肉食・洋食
第6章 戦間期の食文化
第7章 魚肉ソーセージの出現

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る