全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

感染症の世界史

角川ソフィア文庫 I 405ー1

書誌詳細情報

角川ソフィア文庫 I 405ー1

感染症の世界史

著者 石弘之

定価 1,188円 (税込)

ISBNコード 9784044003678

発行日 2018/01

出版 KADOKAWA

判型/頁数 文庫 372ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

地上最強の地位に上り詰めた人類にとって、感染症の原因である微生物は、ほぼ唯一の天敵だ。医学や公衆衛生の発達した現代においても、日本では毎冬インフルエンザが大流行し、世界ではエボラ出血熱やデング熱が人間の生命を脅かしている。人が病気と必死に闘うように、彼らもまた薬剤に対する耐性を獲得し、強い毒性を持つなど進化を遂げてきたのだ。40億年の地球環境史の視点から、人類と対峙し続ける感染症の正体を探る。

目次

序章 エボラ出血熱とデング熱―突発的流行の衝撃(最強の感染症=エボラ出血熱との新たな戦い 都心から流行がはじまったデング熱)

第1部 二〇万年の地球環境史と感染症(人類と病気の果てしない軍拡競争史 環境変化が招いた感染症 ほか)

第2部 人類と共存するウイルスと細菌(ピロリ菌は敵か味方か―胃がんの原因をめぐって 寄生虫が人を操る?―猫とトキソプラズマ原虫 ほか)

第3部 日本列島史と感染症の現状(ハシカを侮る後進国・日本風疹の流行を止められない日本 ほか)

終章 今後、感染症との激戦が予想される地域は?(感染症の巣窟になりうる中国 相つぐ食品スキャンダル ほか)

今日の一押し本

農文協ブックレット21
新型コロナ 19氏の意見

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る