全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

手仕事の帝国日本

シリーズ日本の中の世界史
民芸・手芸・農民美術の時代

書誌詳細情報

シリーズ日本の中の世界史

手仕事の帝国日本

民芸・手芸・農民美術の時代

著者 池田忍

定価 2,750円 (税込)

ISBNコード 9784000283892

発行日 2019/05

出版 岩波書店

判型/頁数 B6 296ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

西洋近代との出会いの中で急速に制度化された「日本美術」。その過程で一度は見失われかけた手仕事の魅力と価値が、若き美術家たちによって再発見された。日清・日露戦争、さらに第一次世界大戦を経て大きく変容する帝国日本の社会の中で、女性や農民、名もない職人たちとの協働を通じて新しい「美」の創造をめざした、富本憲吉、藤井達吉、山本鼎らの実践と葛藤をみつめ、その歴史的意義を問い直す。

目次

プロローグ―手仕事の居場所

第1章 「日本美術」の生成―美術政策と西洋近代(「日本美術」揺籃の場としての博覧会―ウィーン万国博覧会を起点として 産業と「美術」―「美術」の制度化(1) ジャンルのヒエラルキーと教育制度―「美術」の制度化(2) 「手芸」と女性の国民化―もう一つの国家プロジェクト)

第2章 帝国の工芸と「他者」―富本憲吉の視線の先に(日露戦争後の美術界 消費社会の美術工芸 女性、野蛮、農民の手仕事―「他者」との遭遇)

第3章 大正期美術運動の展開―手芸、農民美術、民芸(社会問題としての美術工芸 工芸、手芸とアマチュアリズム―藤井達吉と姉妹たち 農民美術運動と農村政策の時代―山本鼎の実践と蹉跌 「個」と協働―富本憲吉と民芸運動)

エピローグ―「手仕事の国」日本はどこから来たのか、そしてどこへ行くのか

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る