全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

水田の生物をよみがえらせる ★在庫僅少

農村のにぎわいはどこへ

書誌詳細情報

水田の生物をよみがえらせる ★在庫僅少

農村のにぎわいはどこへ

著者 下田路子

定価 2,808円 (税込)

ISBNコード 9784000055253

発行日 2003/01

出版 岩波書店

判型/頁数 B6 214ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

農家の娘として育ち植物学者になった著者は、農家の暮らしが変わり、同時に、水田の生物が激減する様子を目の当たりにしてきた。ごく普通に見られた生物さえ絶滅が危惧されるまでになってしまったいま、水田をふたたび生物の宝庫に戻す方策はあるのだろうか。農村の変化をたどり直し、生態系保全活動の経験も踏まえて、農村がいきいきとしない限り、生物のあふれる水田景観をよみがえらせることはできないのではないかという考えに至る。

目次

1 農家の娘として育って
2 水田は生き物たちの宝庫だった
3 農家の娘が見た農村の変化―広島県の山間部の例
4 農村の生き物はどのように変わったのか
5 水田の生物・生態系は守れるのか―中池見を例に
6 ふたたび子供のときの風景を

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る