全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

2020年 日本の森林、木材、山村はこうなる

森林化社会がくらし・経済を変える

書誌詳細情報

2020年 日本の森林、木材、山村はこうなる

森林化社会がくらし・経済を変える

著者 森林化社会の未来像編集委員会 編著

定価 1,944円 (税込)

ISBNコード 9784881381182

発行日 2003/04

出版 全国林業改良普及協会

判型/頁数 四六 272頁

在庫 あり

この本のジャンル

解説

2020年頃には、日本の森林・林業、木材産業、山村はどうなっているのか。林野庁のフォレスター、森林総合研究所研究者など、第一線の専門家が描く未来像を紹介。

解説(詳細)

おおよそ20年後の2020年頃には、日本の森林・林業、木材産業、山村は、どうなっているのでしょうか。本書は、林野庁のフォレスター、森林総合研究所研究者など、第一線の専門家が描く未来像を紹介したものです。
 森林については、地域の経済、くらし、教育・文化など、あらゆる場面での森林と人々とのさまざまなかかわりが深まる姿を紹介しました。木材については、世界 の資源や貿易さらには利用の実態、木造住宅、変貌する製材工場、木材流通、そして夢のある木材利用の可能性を紹介しました。
 林業については、経営の受委託により、森林の管理はもとより、育林から木材の伐採、搬出販売までを担うマルチ林業事業体が中核的な役割を果たすととも に、そこに働く未来の林業従事者像を描いています。山村については、山村にある資源、環境、文化を保全しながらそれらを最大限に活用する新しい生活像を提 案しています。
 さらに2020年の日本の社会像の提案として、自然と人、人と人との結びつきを回復するため、これまでの農山漁村の生活を再評価しつつ、その根元にある共同体的結びつきに注目し、来るべき森林化社会の姿を描いています。

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

カリスマ店長の本!
ドクター古藤(コトー)の家庭菜園診療所

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る