全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

四手井綱英が語る これからの日本の森林づくり

書誌詳細情報

四手井綱英が語る これからの日本の森林づくり

著者 四手井綱英

定価 1,870円 (税込)

ISBNコード 9784779503931

発行日 2009/09

出版 ナカニシヤ出版

判型/頁数 四六 184ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

四手井綱英が言い遺す、21世紀の森林づくり。森林生態学の先駆者、四手井綱英が、これからの日本のあるべき「もり」や「はやし」をどうつくっていくのか、四手井門下の研究者とともに貴重な提言を示す。

目次

はじめに―余生を駆り立てた山と森

第1部 望ましい「もり」や「はやし」の姿(日本の「もり」と「はやし」 近畿の「もり」 琵琶湖の山や川 東北地方の「もり」 ブナの「もり」 天然の巨木は取り戻せないか 外来種をどう扱うか―センペルセコイア 紅葉は北半球に多い 極北の国フィンランド)

第2部 これからの森林づくり(森林の働き 自然にまかせるか、手を加えるか 都市景観と自然 孤立化したブナ林の復元 亜高山帯林の取り扱い方 大風害を受けたトドマツ林―層雲峡の森 私の経験した二〇世紀の日本林業 ブナ天然林の危機 四手井家の庭の生き物たち)

第3部 四手井綱英という人(探検部長として 梅里雪山の遭難 四手井綱英を語る)

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

農文協ブックレット21
新型コロナ 19氏の意見

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る