全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

日豪EPAと日本の食料

暮らしのなかの食と農36

書誌詳細情報

暮らしのなかの食と農36

日豪EPAと日本の食料

著者 鈴木宣弘

定価 810円 (税込)

ISBNコード 9784811903170

発行日 2007/08

出版 筑波書房

判型/頁数 A5 55ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

なぜ、世界中で、EPA/FTAの締結が急がれようとしているのか。今こそ、国民的な議論を尽くすべき時。本書は、日豪EPAが交渉に入ったこの状況を踏まえ、日本農業はいかに歩むべきか提言する。

目次

第1章 日豪EPAと日本の食料・農業・農村
1 最小の利益と最大の損失
2 従来の手法が適用できない
3 埋められない土地条件の圧倒的格差
4 国内産業と関連産業への甚大な影響
5 日本に農業はいらないか
6 重要品目への柔軟な対応の正当性
7 オーストラリアのかたくなさ
8 冷静にギリギリの現実的妥協点を探る

第2章 日豪EPAの前に考えるべきこと
1 アジアの連携強化の重要性
2 アジアの連携は、まず「ASEAN+3」から
3 自由化利益再分配メカニズムの提案
4 狭義の経済効率を超えた総合的判断基準が必要
5 「東アジア共通農業政策」の具体的イメージ
6 おわりに

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

山で稼ぐ!
小さい林業で稼ぐコツ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る