全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

世界の穀物需給とバイオエネルギー

日本農業年報

書誌詳細情報

日本農業年報

世界の穀物需給とバイオエネルギー

著者 梶井功 編集代表
服部信司 編集担当

定価 2,970円 (税込)

ISBNコード 9784541035349

発行日 2008/01

出版 農林統計協会

判型/頁数 A5 242頁

在庫 あり

この本のジャンル

解説

二酸化炭素排出抑制や石油価格高騰に伴い、世界中で代替燃料であるバイオ燃料の需要が高まり、その影響は農産物価格高騰にも波及している。本書は、バイオ燃料をめぐる背景、実態、今後の課題、日本の対応などについて総合的に解明。

目次

T 総論:食料とエネルギー 〔T〕低食料自給国として"競合“時代にどう対処するか
U エネルギーと穀物の世界需給-現状と展望-
 〔T〕エネルギー世界需給
〔U〕石油需給と多国籍石油企業(メジャー)の動向
〔V〕最近の世界経済の動きと穀物需給動向
V 農作物のエタノール使用の拡大とそのインパクト
 〔T〕農作物のバイオエネルギー使用拡大と穀物需給へのインパクト
〔U〕ブラジル・アメリカを中心とするバイオエタノール生産の拡大と食料需   給への影響
〔V〕中国におけるエタノール生産の状況と穀物需給への影響
〔W〕穀物需給構造の変化がアメリカ農業法・WT0に与えるインパクト
W 日本の対応
〔T〕「バイオマス・ニッポン総合戦略」の整理・検討
〔U〕地域循環型バイオマス生産・利用の経済構造
〔V〕日本における食料自給率目標と食料・エネルギー問題の克服
X 日本のバイオマス戦略(2007)
〔T〕農林水産省によるバイオマスへの取組(講演)
〔U〕日本のバイオマスの課題と展望(討論)

今日の一押し本

農文協ブックレット21
新型コロナ 19氏の意見

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る