全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

民主主義を問いなおす

内山 節と語る 未来社会のデザイン001

書誌詳細情報

内山 節と語る 未来社会のデザイン001

民主主義を問いなおす

著者 内山節

定価 1,320円 (税込)

ISBNコード 9784540201769

発行日 2021/03

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 四六 144ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

デマゴーグ政治の跋扈や国家独立問題、そしてコロナ禍と、世界は分解と混乱を極めている。それは、近代国家やそのもとでの「民主主義・自由・平等」のもつ欺瞞が限界を露呈したからではないのか。ゆきづまる近代的世界を超えて、どのような未来社会を構想するのか。その答えを、伝統社会、そして農山村で活発化する伝統回帰の動きのなかにみいだす。自然と人間の関係、労働や共同体をめぐる独自の思想を構築してきた在野の哲学者が、米トランプ政権発足直後の2017年2月に開催された「東北農家の二月セミナー」で語った政治・社会論。

著者

哲学者。1950年東京生まれ。東京都群馬県上野村を往復しながら暮らしている。主な著書は『内山節著作集』(全15巻、農文協)に収録。近著に『日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか』(講談社)、『いのちの場所』(岩波書店)、『修験道という生き方』(共著、新潮社)、『内山節と読む世界と日本の古典50冊』(農文協)など。

目次

序文 流動化する世界と私たちの課題

第1講 国家が意味を失う時代に
  民主主義は成立しうるのか
たそがれる国家
民主主義と民主王朝制
近代世界の建前について
近代理念の崩壊
分解と混乱を極める世界

第2講 未来への構想力と伝統回帰
現在のさまざまな伝統回帰
上野村の伝統回帰について
農村の伝統回帰とは何か
未来社会のデザインは農業、農村にある
討論から――ポジション取りとシステム保守を超えて

第3講 関係的世界への回帰
死者は存在するか」という問いに対して
実体本質論の限界
伝統思想が見た関係的世界
関係を成立させる「場」について

第4講 どこに根を張るか
世界市場か、結び合う市場か
根の張った経済社会へ

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る