全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

どう考える? 種苗法★12/8発売予定

タネと苗の未来のために

書誌詳細情報

どう考える? 種苗法★12/8発売予定

タネと苗の未来のために

著者 農文協

定価 990円 (税込)

ISBNコード 9784540201745

発行日 2020/12

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 96ページ

在庫 予約受付中

この本のジャンル

解説

種苗法とはいったいどういう法律で、改定のねらいはどこにあるのかをわかりやすく解説する。その上で、焦点となっている品種の海外流出防止と農家の自家増殖の制限をめぐる論点を整理し、両者を分けて考えることで、農家の自家増殖の権利を守る道をさぐる。その際、社会的共通資本としての農業という視点から、品種は本質的にそれを支える共有材であり、個人や企業に属する知的財産とは異なるものであるという視点に立つ。

著者

梨木香歩(なしき・かほ)作家 
塩野米松(しおの・よねまつ)作家 
藤原辰史(ふじはら・たつし)京都大学人文科学研究所 
松延洋平(まつのぶ・ようへい)元農水省種苗課長 
大川雅央(おおかわ・まさお)国際農業開発学博士 
石綿薫(いしわた・かおる)育種家 
林重孝(はやし・しげのり)日本有機農業研究会副理事長 
伊東蔵衛(いとう・くらえ)埼玉県三富町・農業 
西尾敏彦(にしお・としひこ)元農林水産技術会議事務局長 
石堂徹生(いしどう・てつお)フリージャーナリスト 
内田聖子(うちだ・しょうこ)アジア太平洋資料センター共同代表 
蔦谷栄一(つたや・えいいち)農的社会デザイン研究所代表 
原村政樹(はらむら・まさき)ドキュメンタリー映画監督

目次

●巻頭エッセイ
「生命」としての種 梨木香歩
岩崎政利さんと野菜の花 塩野米松
増殖力の行方 藤原辰史

●早わかり種苗法――基礎知識と論点整理
Q&A種苗法改定 これだけは知っておきたい10のポイント
 Q1 種苗法ってどんな法律、種子法とはちがうの?
 Q2 日本の品種の海外流出と種苗法改定はどんな関係があるの?
 Q3 どうして自家採種ではなく、自家増殖というの?
 Q4 種苗法改定で何が変わるの?
 Q5 ほとんどの品種がタネ採りやわき芽挿しをしていけなくなるの?
 Q6 在来品種・固定種とF1のちがいを教えてください。
 Q7 登録品種であればF1品種も自家増殖が禁止されるの?
 Q8 いま、ほとんどの農家はタネを買っているんじゃないの?
 Q9 「農家の自家増殖原則禁止」はグローバルスタンダードなの?
 Q10 農家の自家増殖を制限すれば品種の海外流出は防げるの?

生みの親に聞く 種苗法誕生秘話 元農林水産省種苗課長 松延洋平さん
「育成者の権利」に対して「農家の育種の権利」が軽視されすぎている 大川雅央

●農家、育種家に聞く
タネ採りは栽培の主役 遠ざければ作物の全体像がわからなくなる  石綿薫
有機農業にとって自家採種と種の交換はなぜ必要か 林 重孝
一種二肥三作り 種苗の果たす農家の役割を甘くみないでほしい
 埼玉県三芳町上富・伊東蔵衛さんに聞く
種子と種苗の未来のために――農家と試験研究機関、日本と海外が交流しながら育ててきた品種 西尾敏彦
総合種苗メーカーはいまどうなっている?
「サカタのタネ」を訪ねて 石堂徹生

●種は知的財産か公共財か
知的財産権偏重で持続性は守れるか 内田聖子
農業・農村が社会的共通資本であってこそ守られる種子 蔦谷栄一

コラム 映画『タネは誰のもの』に込めた想い――農家の今のありのままを伝えたい 原村政樹

コメント

★12/9発売予定

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る