全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

パイナップル

知りたい食べたい 熱帯の作物

書誌詳細情報

知りたい食べたい 熱帯の作物

パイナップル

著者 竹内誠人 監修
谷口シロウ 絵と造形

定価 2,970円 (税込)

ISBNコード 9784540201493

発行日 2021/01

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 AB 40ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

松(パイン)の実に似た果実(アップル)だからパイナップル。コロンブスが新大陸から持ち帰った。生命力が強く、沖縄では芽を山中に隠し戦火を逃れた。タネを探してまいてみよう、頭の葉を植えて育ててみよう。

解説(詳細)

果実の上に葉が生えている、個性的な姿のパイナップル。スナックパインのようにちぎって食べられるのは、小花が集まって集合果となっているから。芽(えい芽、吸芽)を使って栽培し、果実の頭の部分(冠芽)からも育てられる。アナナス科のパイナップルはCAM植物といって昼間は気孔を閉じて水分の蒸散を防ぎ、夜に気孔を開いてリンゴ酸をつくり、それを糖に変えて利用するので乾燥や高温に強いしくみをもつ。大航海時代にふるさとの南米からヨーロッパに伝わったのは芽の強い生命力のおかげ。戦時中、沖縄では戦火をさけてパイナップルの芽を山中に隠し、戦後にそれを使って新たに栽培をはじめた。国内では石垣島や西表島、沖縄本島北部が産地。強酸性で作物生産に適さないとされてきた土壌でこそパイナップルは栽培できる。沖縄は缶詰加工用が主だったが、輸入自由化がきっかけとなり生食用パインの育種がさかんになり一般にも出回るようになった。香り高いパイナップルが世界に広まったのはどうしてか、その歴史や生命力の強さを自分で育てて体験する。

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る