全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

バナナ★1/26発売予定

知りたい食べたい 熱帯の作物

書誌詳細情報

知りたい食べたい 熱帯の作物

バナナ★1/26発売予定

著者 佐藤靖明 監修
山福朱実 絵と造形

定価 2,970円 (税込)

ISBNコード 9784540201479

発行日 2021/01

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 AB 40ページ

在庫 予約受付中

この本のジャンル

解説

バナナは大きな草?原産地では甘くないバナナを芋のように食べる?身近なのに知らないバナナの育ち方や利用のされ方、熱帯から世界に広がる中で奴隷労働も広がった歴史まで、甘いだけじゃないバナナの光と影。

著者

佐藤靖明
大阪産業大学デザイン工学部准教授。福島県出身。京都大学アジア・アフリカ地域研究研究科博士課程単位認定退学、博士(地域研究)。専門:民族植物学、アフリカ地域研究、バナナ学。「バナナの足」研究会メンバー(世界中のバナナ栽培地域で、生態人類学、農業生態学、エスノサイエンス、地域研究、ゲノム研究などの分野で調査研究をおこなっている研究者の集まり)。著書『ウガンダ・バナナの民の生活世界』(京都大学アフリカ地域研究資料センター)、『環境サイエンス入門 ―人と自然の持続可能な関係を考える』(学術研究出版)、『食と農のアフリカ史』(昭和堂)ほか。

山福朱実
福岡県生まれ。木版画家。絵本に『ヒョウタンの絵本』『アスパラガスの絵本』『パンの絵本』『酢の絵本』『ぐるうん ぐるん』『菌の絵本かび・きのこ』(以上、農文協)、『砂漠の町とサフラン酒』(小川未明 架空社)、『ヤマネコ毛布』(復刊ドットコム)、『地球と宇宙のおはなし』(講談社)、 『きたかぜとたいよう』(蜂飼耳 岩崎書店)、挿画に『水はみどろの宮』(石牟礼道子 福音館書店)など。

解説(詳細)

甘くて香り高くタネがなくて食べやすいバナナは、日本人がもっとも食べている果物。栽培が始まったのは紀元前8000年、人間とのつきあいは1万年に及ぶ。もともとバナナにはタネがあったが、突然変異で生まれたタネなしを人間がふやしてきた。株分けでどんどん増えるバナナは熱帯では1年で大きく育ち、たくさん実る。熱帯アジアやアフリカでは料理用バナナ(甘くないバナナ)を主食や酒にし、また葉や繊維も利用してきた。自給作物だったバナナは大航海時代を経てアメリカ大陸に伝わり中南米で労働者の食料として栽培され、19世紀になるとアメリカの会社が中南米で大規模農場をつくり、プランテーションを生み出す。本書は、食べものとして身近なバナナの、甘くておいしくて栄養があるだけじゃない姿を絵と写真で伝える絵本。自分で育ててみることで生育の早さを実感し、バナナが曲がるしくみを自分の目で確かめ、葉を使った蒸し焼き料理やかごをつくりバナナと人間とのつきあいを追体験する。

コメント

★1/26発売予定

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る