全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

田んぼの四季

うねゆたかの田んぼの絵本 全5巻
なぜ赤とんぼは人間に寄ってくるの?

書誌詳細情報

うねゆたかの田んぼの絵本 全5巻

田んぼの四季

なぜ赤とんぼは人間に寄ってくるの?

著者 宇根豊
小林敏也

定価 2,970円 (税込)

ISBNコード 9784540201028

発行日 2020/12

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 AB 36ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

春夏秋冬、田んぼにかかわる百姓(農家)の仕事は稲の生長を助けるとともに、知らず知らずのうちに田んぼの周辺のさまざまな動植物を育んでいる。生かし生かされるその関係を、百姓と動植物との対話から楽しく学ぶ。

著者

宇根豊(うねゆたか)
1950年長崎県島原市生まれ。福岡県農業改良普及員時代の1978年より減農薬稲作運動を提唱。虫見板を普及させ、害虫でも益虫でもない「ただの虫」という概念を広める。1989年に福岡県二丈町(現・糸島市)に移住し、農業を始める。2000年福岡県を退職して、NPO法人農と自然の研究所を設立し、「田んぼの生きもの調査」を展開する。著書『減農薬のイネつくり』『田の虫図鑑』『「田んぼの学校」入学編』『百姓学宣言』『愛国心と愛郷心』(いずれも農文協)
『天地有情の農学』(コモンズ)『農は過去と未来をつなぐ』(岩波ジュニア新書)『生きもの語り』(家の光協会)『農本主義が未来を耕す』(現代書館)『農本主義のすすめ』(ちくま新書)『日本人にとって自然とは何か』(ちくまプリマー新書)ほか多数。

小林敏也(こばやしとしや)
1947年静岡県焼津市生まれ。東京芸術大学工芸科卒。東京青梅に山猫あとりゑを営み、デザインとイラストレーションをする。1979年の「どんぐりと山猫」から始まった「画本宮澤賢治」シリーズ(パロル舎)で、2003年第13回宮澤賢治賞を受ける。現在は好学社から復刊されている。

目次

目次

1.春を教えてくれる花があるの?
春は命が目覚める季節

2.春の畦はまるで花壇だ
草刈りが畦を花園にする

3.カエルは代掻きしないと鳴かないのはなぜ?
生きものの一生と百姓仕事

4.なぜ赤とんぼは人間に寄ってくるの?
赤とんぼの国になったわけ

5.田んぼは雲とつながっているの?
田んぼが水のめぐみをもたらす

6.昔は、落ち穂拾いしてたの?
田んぼのめぐみをひとりじめにしない農業

7.藁はむだなものなの?
茎や葉まで余すところなく使う

8.耕されると死んでしまうの?
農業とは生きものを殺すこと
付録
用語解説

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る