全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

種は守れるか(日本農業の動き207) ★9/28発売予定

日本農業の動き

書誌詳細情報

日本農業の動き

種は守れるか(日本農業の動き207) ★9/28発売予定

著者 農政ジャーナリストの会

定価 1,320円 (税込)

ISBNコード 9784540200632

発行日 2020/09

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B6 164ページ

在庫 予約受付中

この本のジャンル

解説

米麦大豆の生産に欠かせない種子の開発と安定供給を支えてきた主要農作物種子法が、2018年、規制改革の名のもと深い議論もなく廃止された。一方で自治体独自の「種子条例」制定の動きも。また現在、育種者の権利保護や優良品種の海外不正流出防止を理由に、種苗法の改正案が審議されている。
種子生産のグローバル化が進むなか、「命の源」である種子をどう守るか。食料主権との関わり、在来・固定種の保存、自家増殖の是非、ゲノム編集技術の行方、知的財産としての種苗保護のあり方など、種(タネ)をめぐる様々な課題を追究する。

著者

農業関係の報道・解説・出版に携わるジャーナリストや研究者等、全国約300の会員からなる自主独立の組織。会員の情報交換の場とともに、調査や研究をすることによって国内外の農業情勢や問題点を正しく把握し、公正な報道、評論活動を行なうことをめざす。年に4テーマを選び、専門家等を招いて研究会を開催。

目次

●特集 種(タネ)は守れるか
【巻頭論文】「種の力」は農業の源泉(仮)
「改めて種(タネ)と人間との関係を考える」西川芳昭(龍谷大学経済学部教授)
「ゲノム編集は種子開発を変えるか」江面浩(筑波大学つくば機能植物イノベーション研究センター長)
「種子が危ない! 固定種・在来種を守るには」野口勲(野口種苗研究所)
「種苗政策をめぐる最近の情勢と課題」藤田裕一(農林水産省食料産業局知的財産課種苗室室長)
●農政の焦点 「正念場を迎えた農地中間管理機構(農地バンク)事業」(仮)
●地方記者の眼 「過疎最先端の地が目指す新たな未来――中国山地編集舎の試み」
●第35回農業ジャーナリスト賞の結果報告

コメント

★9/28発売予定

今日の一押し本

農文協ブックレット21
新型コロナ 19氏の意見

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る