全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

農家・農村との協働とは何か

50のテーマから考える協働学入門

書誌詳細情報

農家・農村との協働とは何か

50のテーマから考える協働学入門

著者 日本農業普及学会

定価 2,200円 (税込)

ISBNコード 9784540192180

発行日 2020/03

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 188ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

これまでの農業普及の基軸であった「伝達・誘導・教育」から「協働」重視への転換が求められている。本書は、「立場の異なる者同士が互いの違いを認め合ったうえで協力し地域の仮題に取り組む」ことを「協働」とし、農業・農村の現状を簡潔に整理しながら、「協働」の仕方、範囲、役割などを50のテーマから平易に語っている。普及指導員・営農指導員・行政担当者だけでなく、農家や研究者、メーカー担当者、さらには新規就農者や農村への移住を考えている人など、農業・農村に関わる/関わりたいすべての人=協働者必読の書といえる。

著者

編集委員長 佐藤了〈秋田県立大名誉教授〉、編集委員:横山繁樹、岩元明久、ジョン・コールドウェル、宇根豊。執筆:板垣啓四郎、佐藤美智子、藤代岳雄、神保信幸、林兵弥、渡部和彦、上田賢悦、稲泉博己

目次

はじめに

T 農業・農村をみる視点
■農業・農村とは何か
■時代の流れと農業・農村
■農業・農村をめぐる新しいうごき

U 協働のかたちと協働者への期待
■協働とは何か
■技術とどう向き合うか
■協働者の役割

V 協働の作法
■協働の基礎技能
■農家のどこに注目するか
■農家とどう向き合うか
■協働の実践 1
■協働の実践 2

W 協働学の展望

X 座談会 本書を深読みする

文献
索引

おわりに

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

農文協ブックレット21
新型コロナ 19氏の意見

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る