全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

プラスチック

イチからつくる

書誌詳細情報

イチからつくる

プラスチック

著者 岩田忠久
内田かずひろ

定価 2,750円 (税込)

ISBNコード 9784540191701

発行日 2020/03

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 AB 36ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

タッパー、ビニールやラップ、合成繊維など、プラスチックの性質は多様で、目的に合わせて魔法のように様々な姿形のものをつくりだすことができる。もしもプラスチックがなかったとしたら、こんなに私たちの生活は便利になることはなかっただろう。しかし、そもそもプラスチックはなにが原料で、どうやってつくられているのか。真似して自分でもつくれるのか。実は知らないことだらけだ。工作や実験などを通してプラスチックの特徴や長所・短所をよく知り、ゴミ問題も含め、プラスチックとこれからどう共存していくのか考えていく。

著者

【編者】岩田忠久(いわたただひさ)東京大学大学院農学生命科学研究科 生物材料科学専攻教授。1994年京都大学農学研究科林産工学専攻博士課程修了。博士(農学)/【絵】内田かずひろ:1964年福岡県生まれ。マンガ家・絵本作家。代表作に「朝日新聞」に連載した『ロダンのココロ』(朝日新聞出版)

目次

・浜辺に漂着したものを拾ってみると……
・プラスチックなしには成り立たない現代文明
・なにが、ほんとうのプラスチックの姿なのか?
・プラスチックは、どうやって生まれてきたのか?
・プラスチックは、熱でとけて形がかわるもの?
・石油からプラスチックはどのようにつくられる?
・プラスチックを自分でつくりだすことは、できるのだろうか?
・素材をイチからつくるのはとてもむずかしいが、原料の加工ならできる?
・プラスチックをとかして、加工してみよう
・カゼイン樹脂は、プラスチックといえるのか?
・プラスチックはリサイクルできる? できない?
・分解しにくいからすごい! でもゴミになると困りもの
・分解しにくさとしやすさのバランスがだいじ。使用期限がきたら分解して欲しい
・バイオプラスチックのつくり方 ポリ乳酸の話
・イチからつくって、みえてきたこと

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る