全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

写真と言葉で刻む 生老病死 そして生

限りがあるから みんなでつなぐ

書誌詳細情報

写真と言葉で刻む 生老病死 そして生

限りがあるから みんなでつなぐ

著者 國森康弘

定価 2,750円 (税込)

ISBNコード 9784540191534

発行日 2020/03

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B5変 162ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

生老病死を生活の中心から遠ざけて暮らしてきた日本社会において今日、死を意識しないがために生じる身仕舞いの準備不足と家族の困惑、命はリセットできると考える子どもたちの増加、第一次産業の軽視など、さまざまなひずみが生じている。そうしたなか、生老病死と向き合い、死を見据え一瞬一瞬をどれだけ大切に生き重ねていくかが肝心で、一人ひとりの存在そのものに輝きがある、ということを写真に一片の言葉(詩)を添え、さらにエッセイを綴り、全体を通じて伝え、ひずみを増大させゆく社会に一石を投じる。

著者

1974 年生まれ。写真家、ジャーナリスト。京都大経済学研究科修了。イラク戦争を機に新聞社から独立し紛争地や困窮地域を、国内では戦争体験者や野宿労働者、震災被災者を取材。命の有限性と継承性がテーマ。近年は滋賀や東北、東京で看取りや共生の地域づくりを撮影。写真絵本『いのちつぐ「みとりびと」』(12巻)、『家族を看取る』平凡社、『アンネのバラ』講談社、『証言沖縄戦の日本兵』岩波書店、『子ども平和未来 21 世紀の紛争』(共著)等。『いのちつぐ「みとりびと」@』でけんぶち絵本の里大賞、『ご飯が食べられなくなったらどうしますか』で生協総研賞。BPO委員。

目次

はじめに 2
目次 4
【生】 6
いのちのバトンリレー/ここに生まれ ここにある/すぐる君と友の成長
【老】 28
住み慣れた場にこそ宿るもの/子の力・孫の力/内に高まる生命力/終のすみかでとも暮らし
【病】 52
病を生きるでなく人生を/母へ笑顔を残していきたい/華蓮ちゃんの明日は わたしたちが生きる今日/医療が遠い/淑子さんはわたしたちの先生
【死】 80
命のまっとう/輪廻からの解脱 魂の解放/3・11 悼みと畏れ/悲しくも かく美しき
【そして生】 116
生きんとす強さにひかれて/戦禍に生きる/戦地からの声/みんなで丸ごと生きている/そこにある共生を/あれから そして 実り/限りがあるからこそ みんなでつないでゆく
あとがきにかえて 154 
写真撮影地 158

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る