全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

川漁 越後魚野川の伝統漁と釣り★2021/01/12発売予定

書誌詳細情報

川漁 越後魚野川の伝統漁と釣り★2021/01/12発売予定

著者 戸門秀雄

定価 4,070円 (税込)

ISBNコード 9784540191237

発行日 2021/01

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 四六 388ページ

在庫 予約受付中

この本のジャンル

解説

各地の川を訪ねてきた著者が惚れ込み、半世紀にわたり通い続けてきた名川・越後魚野川。豊饒な川を舞台に発展した、さまざまな魚の漁法・漁具・食べ方・伝承などを古老から聞き書き。川漁の小宇宙ともいうべき労作。

目次

はじめに
魚野川水系概略図

川名由来と春祭
 魚野川の「魚」はサケの意
 かつては支流までサケが遡った
 冬、男は江戸行き、女は手仕事
 一宮神社の春祭「農具市」

イワナとヤマメ
 伝承毛鉤
 【川と信仰@】水の神様、風の神様
 古式毛鉤竿
 イワナずし
 【漁具と人@】豪雪地の手業、山竹細工
 イワナの滝上放流
 烏岩魚(カラスイワナ)
 【川漁余話@】昭和の渓流釣りブームと漁場監視員の朝

サクラマス(降海型ヤマメ)
 銀毛ヤマメ釣り
 【漁具と人A】鈴木牧之の生家、鈴木釣具店
 川マス漁
 【漁具と人B】魚野川のヤスと野鍛冶

アユ
 昔の友釣り
 【川漁余話A】アユ釣り大会の一日
 コロ掛け
 投網漁
 夜網――徒歩漁
 夜網――乗りぶち
 簗漁――浦佐簗
 【川漁余話B】アユの焼き干しラーメン

サケ
 魚野川とサケ漁
 居繰り網漁
 待ち川漁
 【川と信仰A】鮭魚明神と鮭頭石
 カギ漁
 ゴロ掛け
 おとりぶち
 【川と信仰B】王神祭と年魚行事

川ガニ(モクズガニ)
 ガニつづ
 ガニ茹で
 【川漁余話C】魚野川木造舟

カジカ
 板落とし漁
 つづ漁
 裸押合とカジカ酒
 【漁具と人C】ベンケイ作り

ハヨ(ウグイ)
 瀬場漁
 ハヨ取引
 【川漁余話D】入間川のクキ寄せ
ドジョウ
 つづ漁
 金属製つづ
 【川と信仰C】埼玉の「どじょう施餓鬼」

あとがき
参考文献
協力者一覧

解説(詳細)

全国有数の豪雪地帯、米どころ、酒どころの魚沼地方を流れる越後魚野川は、魚種が豊富で、これを獲るための漁法も多い。川名は「サケの多く獲れる川」に由来し、時の殿様が初鮭1匹に米7俵の褒美を与えた古い歴史がある。サケの「待ち川漁」「鮭魚明神」「鮭頭石」「サケずし」のほか、「イワナ当番」「イワナずし」、川マスの「カギオロシ」、アユの「釣り子」など、当地方独特の漁法や習俗・文化が、雪によって守り育まれてきた。一方で、昭和初期から関東の著名人が釣り会に訪れ、アユの友釣りの全国組織も、この川で発展するなど、さまざまな外部との交流があり、今日、交通網の発達とともに、ますます注目される川となっている。本書は、埼玉県入間市で郷土料理店を営む著者が、半世紀にわたり魚野川に通い、さまざまな魚の漁法や漁具、食べ方、川にまつわる伝承などをノートに書き留め、まとめたもの。現存する漁法については現場を取材し、失われた漁法については往時を知る古老から話を聞いた。川の恵みを育み、生かし切る、川漁師の知恵の集大成である。

コメント

★2021/01/12発売予定

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る