全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

年報 村落社会研究55 小農の復権

年報 村落社会研究

書誌詳細情報

年報 村落社会研究

年報 村落社会研究55 小農の復権

著者 日本村落研究学会 企画・編集

定価 5,940円 (税込)

ISBNコード 9784540191138

発行日 2019/11

出版 農山漁村文化協会

判型/頁数 A5 264ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

EU農業者の83%が現代を生き抜くために採用している「再小農化」戦略。日本農業が、どこまでこの「新しい小農層」の議論と状況を共有し、どこが固有の特徴として独自の論点を提起するのかについて明らかにする。

著者

秋津元輝 京都大学大学院 松平尚也 京都大学大学院博士課程 MCGREEVY Steven R. 総合地球環境学研究所准教授 橋詰登 農林水産政策研究所 理恵子 跡見学園女子大学 川田美紀  中川恵 山形県立米沢女子短期大学 桑原考史 日本獣医生命科学大学 荒川康 大正大学 湯川郁子 札幌学院大学 東良太 島根県中山間地域研究センター

目次

序 世界農業の転換を照らす「小農」の再評価 秋津元輝

第一章 小農再評価の国際的状況と日本の動向 Steven R. McGreevy/松平尚也
一 小農概念のグローバルな再評価
二 小農再評価の日本の動向の検討

第二章 農業・農村担い手の多様性と小規模農家の意義
――農業集落に視点を当てた二〇一五年農林業センサスの分析から―― 橋詰 登
一 はじめに
二 農家の現状と動向
三 農業集落の変容と集落機能
四 「農業担い手」の賦存状況と集落活動
五 おわりに

第三章 複合して生きる暮らし――現代における小農の社会的特質――   理恵子
一 はじめに
二 調査地の概況および事例の紹介
三 東和地区の農業と暮らしのかたち
四 まとめ

第四章 環境保全における小農とムラ
    ――「魚のゆりかご水田プロジェクト」から―― 川田美紀
一 社会の変化と社会における農業の位置づけ
二 滋賀県の農業の特色と環境政策
三 各地区における魚のゆりかご水田プロジェクトの取り組み
四 環境保全と小農

第五章 農家経営のもとでの有機農業の面的展開
    ――山形県高畠町露藤集落「おきたま興農舎」の事例から―― 中川  恵
一 はじめに
二 有機農業の「転換」と露藤集落の農家経営
三 有機農業「転換」とおきたま興農舎
四 まとめ

終章 日本における「小農」再評価の位相 秋津元輝
一 再小農論の理論的特徴
二 過去の論点を振り返る
三 新しい小農層の具体的存在根拠
四 未来の農業像の転換にむけて

【研究動向】
史学・経済史学の研究動向 湯川郁子
農業経済学の研究動向 桑原考史
社会学・農村社会学の研究動向 荒川 康
第六十六回村研大会記事
編集後記

解説(詳細)

オランダのプルフを初めとする研究グループは、欧州の6ケ国3264人の農業者を対象とした調査から、対象者全体の83%にあたる農業者が、「多角化」、「高付加価値化」、「地域資源の有効利用/に根ざす」の少なくともいずれかひとつの戦略を実行していることをあきらにした。EUの農業者らが現代を生き抜くために実際に採用している戦略が「再小農化」である。本集の目的は、日本農業が、どこまでこの「新しい小農層」の議論と状況を共有し、どこが固有の特徴として独自の論点を提起するのかについて、明らかにすることである。

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る