全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

アスパラガス 採りっきり栽培

小さく稼ぐ新技術

書誌詳細情報

アスパラガス 採りっきり栽培

小さく稼ぐ新技術

著者 元木悟

定価 1,944円 (税込)

ISBNコード 9784540181719

発行日 2019/03

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 96ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

定植〜株養成の翌年、春先から高品質若茎を収穫しきる新作型。従来作型と比較して明らかに病気が少なく、低コスト・省力化が期待でき、多品目少量生産指向、直売所向けに最適。初心者にも取り組める。都市近郊での導入も盛んになっている。早期定植(深植え)を可能にした新型簡易移植機を駆使し、1年で力のある株をつくり、翌年の萌芽を極大まで高めるポイントを解説。毎年苗の用意が必要だが、取り組みやすさは格別。輪作にも期待が持てる。水田転換畑での導入もおもしろい。

著者

元木悟(もときさとる)1967年長野県生まれ。筑波大学卒業後、長野県下伊那農業改良普及センター、中信農業試験場、野菜花き試験場を経て、現在は明治大学農学部准教授。野菜類の生理・生態解明、安定生産技術・作型の開発、軽労働・省力的な技術体系確立等を研究。著書は『アスパラガスの作業便利帳』、『アスパラガス高品質多収技術』他多数。

目次

カラーページ
はじめに
T 採りっきり栽培とは?
1 株養成の翌年、すべてを採りきる
2 採りっきり栽培のねらい
(1)収穫が1年だけなので病気や障害を避けられる
(2)春の端境期に収穫できる
(3)夏の高温回避で順調な株養成
(4)省力化が可能
(5)2年で輪作を
3 収益性はどうか?
4 誰にでも取り組める
5 ムラサキ/ホワイトにも期待

U 採りっきり栽培のポイント
1 株の力をつける土と水
(1)「力」のある株は収量が高い
(2)茎葉の生育(株養成)と収量との関係
(3)株づくりのポイントとなる土づくり
(4)収量と株養成を高める水管理
2 早期定植で株の力をさらに高める
3 セル成形苗の深植えで省力と霜害回避
4 品種の選び方
(1)耐寒性や低温伸長性の優れる品種
(2)萌芽が早く、萌芽数の多い品種
(3)休眠が浅く、低温期に萌芽性のよい品種
(4)太ものが長く収穫できる品種
(5)株養成中の生育が旺盛である品種
5 収量構成要素と作業カレンダー

V 栽培の実際
1 畑の準備
(1)畑の選び方
(2)作付け計画を立てる
(3)土壌改良
(4)化学性の改良
2 施肥
(1)堆肥と基肥
(2)肥効を高める一発施肥
3 播種と育苗
(1)タネの準備
(2)育苗環境の準備
(3)播種
(4)育苗管理
(5)苗を購入する場合
3 畑の耕起、うね立て、マルチ
(1)耕起
(2)うね立てとマルチ
4 定植
5 定植後の管理
6 土寄せ
7 支柱およびネットの設置
8 病害虫対策
(1)茎枯病
(2)斑点病・褐斑病
(3)アザミウマ類
(4)カメムシ類
(5)ヨトウムシ類
(6)ジュウシホシクビナガハムシ
9 追肥
10 かん水
11 茎葉黄化と養分転流
12 マルチはがしと茎葉刈り取り
13 収穫
(1)温度と萌芽
(2)収穫方法と出荷規格
(3)凍霜害対策
(4)障害茎の除去
(5)収穫時期のかん水
(6)収穫終了と株のすき込み
(7)鮮度保持
14 ホワイトアスパラガス栽培
15 水田転換畑での栽培
(1)水田転換畑での技術課題
(2)排水対策
(3)高うねの検討
(4)水田転換畑での生育
16 後作物の検討
(1)輪作の考え方
(2)スイートコーン
(3)エダマメ
(4)ミニニンジン
(5)アブラナ科野菜(キャベツやブロッコリー)
17 売り方の工夫
(1)品目を組み合わせた販売法
(2)新たな食材としての利用へ
(3)単価向上と高付加価値の追求

解説(詳細)

【関連書籍】
「農家が教える 野菜づくりのコツと裏ワザ」
「農家が教える マルチ&トンネル」
「農家が教える 自然農法」
「農家が教える 桐島畑の絶品野菜づくり1」
「農家が教える 桐島畑の絶品野菜づくり2」
「農家が教えるラクラク草刈り・草取り術」
「農家が教える 混植・混作・輪作の知恵」

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る