全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

vesta 111号(2018夏号)

vesta
特集:食の分岐点

書誌詳細情報

vesta

vesta 111号(2018夏号)

特集:食の分岐点

著者 (公財)味の素食の文化センター
藤本憲一 特集アドバイザー

定価 771円 (税込)

ISBNコード ZASSI54018032

発行日 2018/08

出版 (公財)味の素食の文化センター

判型/頁数 B5 72ページ

在庫 あり

この本のジャンル

目次

特集:食の分岐点

巻頭 家庭の食はどのように変わってきたか。

アイデンティティ・フード
地域資本としての食文化
 ―宮城県南三陸町の「キラキラ丼」と「さんこめし」を例として
もう一つの農産物流通:直売所への期待
我々の食のこれから―酪農王国北海道から
ラッコの食卓2018―社会動向から食文化を読む
栄養士・管理栄養士教育と食文化―学校給食を例に
未完の学校給食

「食の文化フォーラム」卒業生からの一言

食をめぐる健康格差とその背景
ヴィ―ガンが問いかけるもの
食の分岐点2018〜まとめにかえて〜

<連載>
すべての道は「食」に通ずる -イタリア-/宇田川 妙子
 (第6回) 料理と男らしさ・女らしさ

嗜好品の文化論/田 公理
 (第5回)諸民族文化のなかの嗜好品A

“食べる"を予測する/岩村 暢子
 (最終回)食卓の変化とその背景

大食軒酩酊の食文化/石毛 直道
 (第41回)石包丁について

解説(詳細)

特集アドバイザー/藤本憲一(武庫川女子大学教授)

日本はじめ世界の食の状況は今、さまざまな分岐点、十字路に差しかかっている。古今東西、人類が築きあげてきた食のシステム・・・制度・経済・技術・産業構造から、習慣・マナー・嗜好に至るまでが、まさに存続の危機に瀕し、イノベーションの波に洗われ、変革を迫られている。この分岐点に、立ち止まり続けるのはきわめて難しい。だとすれば、進むべきか退くべきか。向きを変えるなら、左右どちらか。そして岐路の選択は専門家にまかせるのではなく、われわれ全員が舵取りをになうべきではないか。まず本特集で、進むべき指針やオピニオンに耳を傾け、食文化の潮流のせめぎあいをつぶさに見つめたい。

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

追悼かこさとしさん
あそびの大事典

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る