全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

だれでもできる 小さい田んぼでイネつくり

緑肥とソバ粕で100u60s

書誌詳細情報

だれでもできる 小さい田んぼでイネつくり

緑肥とソバ粕で100u60s

著者 笹村出

定価 1,760円 (税込)

ISBNコード 9784540171307

発行日 2019/05

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 116ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

できるだけラクにたくさんとれる自給イネつくり大公開。一人当たり年間米消費量の60sを100uでとる。冬の緑肥(レンゲや菜の花、ライムギ)栽培とソバ粕利用がコツ。豊富な図解で初めてでもよくわかる

著者

笹村 出(ささむらいずる)
1949年山梨県藤垈生まれ。1986年神奈川県山北町で自給生活を始める。1993年あしがら農の会を設立する。1998年月刊誌『現代農業』に自然養鶏を連載。2012年から6年連続畝どり(100u60s)達成。2019年石垣島に移住し、2拠点生活を始める。著著『発酵利用の自然養鶏』『ニワトリとともに』(農文協編)

目次

第1章 家庭イネつくりは昔のイネつくり     
1 イネつくりは日本の伝統文化
2 田んぼとイネが暮らしを安定させてきた
3 江戸時代の田んぼは冬作もつくっていた
4 昔のイネつくりこそ多収できる
5 若者は田んぼを目指す

第2章 田んぼの借り方・始め方
1 どうやって田んぼを借りるか
2 家庭イネつくりにはどんな田んぼがよいか
3 費用はどのくらいかかるか
4 機械はなくてもやれるか
5 一人でやるか、みんなでやるか
6 家庭イネつくりは無農薬有機で多収

第3章 家庭イネつくりの基本
1 100u60sとれるまでのステップ
2 大苗をつくる                     
3 疎植1本植えが基本                 
4 深水を基本とする水管理              
5 雑草はあの手この手でなくす              
6 緑肥とコロガシで発酵土壌をつくる         
7 家庭イネつくりの理想のイネの姿

第4章 家庭イネつくりの実際
1 田んぼは春分の日に始まる            
2 苗代つくり                  
3 苗つくり                   
4 田植えの準備                
5 田植え                    
6 田んぼの日常管理        
7 幼穂形成期               
8 出穂・穂揃い期                  
9 穂揃い後1か月                
10 イネ刈り                 
11 田んぼは秋の土づくりから始まる   
12 田んぼを整える               

第5章 さらなる安定多収のために
1 自家採種を行なう                 
2 天候を読む                    
3 観察記録を付ける               
4 葉色診断                    
5 2粒のお米が1杯のご飯になる   
6 田んぼにかかる時間

解説(詳細)

【関連書籍】

「よくわかる イネの生理と栽培」


「農家が教える イネつくりコツのコツ」


「農家が教える イネの有機栽培」


「あなたにもできるコメの増収」

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る