全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

vesta 106号(2017年春号)

vesta
特集:酒と食

書誌詳細情報

vesta

vesta 106号(2017年春号)

特集:酒と食

著者 (公財)味の素食の文化センター
高田公理 特集アドバイザー

定価 771円 (税込)

ISBNコード ZASSI54017031

発行日 2017/05

出版 (公財)味の素食の文化センター

判型/頁数 B5 76ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

巻頭 こいつぁいけねぇ:高田郁/酒と食の考現学/異文化に適応する日本酒/酒のない食卓/異文化の酒を受容する日本の食文化:高田公理

目次

特集:酒と食

巻頭:こいつぁいけねぇ

第T部 酒と食の考現学
 1ウイスキーを食中酒にした日本
 2チェコとビールの深い関係
 3伝統的な「歓待のワイン」
 4国よりも、通貨よりも。ロシア人が信じる、ウォトカという「水」
 5現代中国における酒と食
 6日本人と飲酒

第U部 異文化に適応する日本酒
 1米国人に日本酒をきちんと知ってほしい
 2イタリア人と日本酒を酌み交わすとき
 3日本酒は香港に根づくのか

第V部 酒のない食卓
 1禁酒法はアメリカの食卓にどんな影響を与えたか
 2ピザパ栄え、酒宴滅ぶ?―女子大生の新しい聖餐とは―

第W部 異文化の酒を受容する日本の食文化

ほか連載

解説(詳細)

特集アドバイザー/高田公理(武庫川女子大学 名誉教授)

「酒と食」
 塩か味噌でも日本酒は飲める。が、本来「肴」は「魚」―そこで和食の雛形を極端に単純化すると「旬の魚と野菜をおかずに米飯を食べる」となる。ここで「米飯」を「米の酒=日本酒」に置き換えると、日本の食と酒の関係の諸相がイメージできる。
 ただ、順序はある。茶懐石なら食事から飲酒に移り、会席ならなら食事は最後になる。が本来、日本酒以外の酒はなかった。
 一方、18世紀のイタリアでは食前・食中・食後に異なる酒を嗜む習俗が生まれた。で、食前酒に対応する単語はないが、食前酒は「開く」から転じたaperitivo 食後酒は「消化」から転じたdigestifという単語が登録される。
 こうした彼我の違いを前提に現代の日本と世界における「酒と食」の関係をたずねてみよう。

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

山で稼ぐ!
小さい林業で稼ぐコツ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る