全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

vesta 103号(2016年夏号)

vesta
特集:カフェという別世界

書誌詳細情報

vesta

vesta 103号(2016年夏号)

特集:カフェという別世界

著者 (公財)味の素食の文化センター
太田心平 特集アドバイザー

定価 771円 (税込)

ISBNコード ZASSI54016032

発行日 2016/08

出版 (公財)味の素食の文化センター

判型/頁数 B5 74ページ

在庫 あり

この本のジャンル

目次

特集:カフェという別世界

巻頭:カフェのひととき

T カフェの伝播と変容の歴史
  1カフェとは
  2(イギリス)コーヒー・ハウス―近代社会を生んだ空間
  3「カフェ・ド・ラ・ペ」から覗いたフランスのカフェ史

U 世界各地のカフェ事情
  1バールという名のサロン〜イタリアの喫茶店〜
  2フィーカ コーヒーとともに暮らすスエェーデンの日常的空間
  3(トルコ)コーヒーの家、紅茶の庭
  4エチオピアの至福のひと時
  5コーヒーに恋し始めた「チャイの国インド」
  6ベトナム・コーヒーに想いを馳せて
  7(ブラジル)コーヒーを分かち合う
  8(キューバ)カフェ・クバーノにまつわるお話
  9つねに何かが起きている場所―米国ニューヨークの猫カフェから

V 日本のカフェ事情
  1近代日本の喫茶ビジネス略史
  女子大生はカフェがお好き
  2異彩を放つカフェ
  @大阪で2番目に安い喫茶店
  A「出来事」を紡ぐ空間
  越境カフェ、境界に建つ茶館

ほか連載

解説(詳細)

特集アドバイザー/太田心平(国立民族学博物館・准教授 アメリカ自然史博物館・上級研究員)

人はどうしてカフェに行くのか。
そんな疑問を私が初めて抱いたのは、小学生のころ、休日に祖母の家でのことだった。親戚の大人たちは、お茶やビールを片手に、散々おしゃべりに興じていた。なのに、二時間も経ったとき、「そろそろコーヒーでも飲みに行こう」と、みんなしてカフェに向かった。なぜ?
カフェが提供するのはコーヒーだけではない。気分転換、休息、勉強や仕事の場、出会い・・・。言うならば、カフェは適度な別世界も提供してくれるのだ。カフェの歴史や世界のカフェをひもとけば、我われが求める別世界がどいうものなのか、分かるだろう。場合によっては、実世界にどんな問題があるのかを垣間見ることも、出来るかもしれない。

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

カリスマ店長の本!
ドクター古藤(コトー)の家庭菜園診療所

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る