全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

校庭の木・野山3 マツの絵本

まるごと発見!校庭の木・野山の木

書誌詳細情報

まるごと発見!校庭の木・野山の木

校庭の木・野山3 マツの絵本

著者 福田健二
深津真也

定価 2,916円 (税込)

ISBNコード 9784540151965

発行日 2016/03

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 AB 40ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

庭木や海岸の木としてなじみ深い木・マツ。その種類、特徴ある葉や花のつくり、受粉・結実のしくみ、マツタケとの共生、木材や松脂の利活用など、木の生き方と人とのかかわりを、豊富な写真とイラストで描く。

目次

神さまが降り立つ、縁起のよい木
日本には二葉松と五葉松の7種
世界に100種 松かさのいろいろ
マツには親せきがたくさん
荒れ地に生えるパイオニア
キノコとともに生きてきた
針のような葉だから、できること
まっすぐ、くねくね どちらが本性?
マツの花はどんな花? 松かさは実?
かさから 翼のついたたねが舞う
落葉はいつ?マツの四季と成木に育つまで
燃料に使われてマツの国に
白砂青松の風景は、人がつくった
たねを発芽させる 苗を育てる
マツの姿を美しく保つための技
油脂をふくむマツならではの利用
原料としての松脂や、たねや葉の利用
日本のマツ林が消えていく
これからのマツと人のくらし

今日の一押し本

加工・保存・調理をこの1冊で!
柿づくし

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る