全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

和食を伝え継ぐとはどういうことか

地域がそだてた食のしくみと技に学ぶ

書誌詳細情報

和食を伝え継ぐとはどういうことか

地域がそだてた食のしくみと技に学ぶ

著者 木村信夫

定価 2,160円 (税込)

ISBNコード 9784540151866

発行日 2017/03

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 四六 212ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

「和食」とは、日本の地域自然と人間の農耕(&漁労)労働の合作、交響の産物であり、農業・農(林漁)家経営・農村生活を守る「たたかい」と一体となってこそ継承、発展させることのできるものであること(だから「たたかう和食」)を、食全集の意味や、今、各地の小中高校などで広がる食育学習運動の展開と併せ紹介、訴える。

推薦 熊倉功夫氏(和食文化国民会議会長、国立民族学博物館名誉教授)

著者

木村信夫(きむら のぶお)1946年、長野県茅野市湖東に生まれる。茅野市立湖東小学校、同北部中学校を経て、1965年 諏訪清陵高校卒業。1970年、北海道大学農学部農業経済学科卒業。同年(社)農山漁村文化協会に就職。映像作品、書籍、文部省検定教科書(高校農業)、「日本の食生活全集 全50巻」「月刊 現代農業」「農業技術大系」など農・食・教育関係の出版物の企画・編集にあたる。2000年、同協会退職、フリー編集者。2005〜07年、農水省食育推進計画「食育と健康のつどい」において、地域の食文化保全活動と食育の取組み、ステージ出演者など現地企画調査を担当。2008-09年 農水省同計画 教育ファーム推進事業マニュアル作成部会委員など。2009年、三澤勝衛著作集「風土の発見と創造」(全4巻 農文協刊)編集・各巻解説を担当。 これまで川崎市麻生区多摩美に住むこと35年。多摩美みどりの会、および川崎市麻生区市民健康の森(麻生多摩美の森の会)の会員として、都市近郊の自然の保全と生物相互の助け合い、里山活用・農業・収穫祭にかかわり、その魅力を小学生に体験してもらう場をつくって活動してきた。
 また、地域における食文化の掘り起しや食育の取組みに注目し、取材を続けてきた。地域の自然―農林漁業―環境を守りながら、その恩恵としての食生活で住民の健康をつくり、世代交流を盛んにして、子供は共感を深め、学ぶ力が向上する。といった好循環で地域のライフスタイルができていく。このような、ユネスコ世界無形文化遺産「和食」による食文化に通じると実感する事例に出会うことができ、記事にして、本書の元ができた。

目次

1たたかう和食
 ―農があって食がある―  参考:守田志郎 むらがあって農協がある
 ―「地域の食」の豊かさを伝える「日本の食生活全集」こと始め
2和食を守るとはどういうことか
 ―伝え継ぐ原風景―
3和食の言い分―和食ブームを憂う―
4和食の真実
 ―日本の自然と地域と暮らしの作法が和食を創った―
 ―昭和初期の食の記録に見る―
5誰が和食を創ったのか
 ―日本の自然・地域・暮らし―
6和食再発見―和食が優れてる本当の理由―

解説(詳細)

【関連書籍】
「日本の食生活全集 全50巻」
「地域食材大百科 全15巻」
「聞き書 ふるさとの家庭料理 全21巻」

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

朝日新聞6/11書評掲載!
世界の田園回帰

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る