全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

ともに豊かになる有機農業の村-中国江南・戴庄村(タイショウソン)の実践

書誌詳細情報

ともに豊かになる有機農業の村-中国江南・戴庄村(タイショウソン)の実践

著者 農文協
楠本雅弘
中島紀一

定価 2,592円 (税込)

ISBNコード 9784540151071

発行日 2018/11

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 四六 228ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

本書が取り上げる句容市・戴庄村の実践は、「戴庄村方式」と命名され、中国全人代で報告されるとともに、習近平主席以下、国・省の主要幹部も視察し、“農村建設での画期的な実践"と高い評価をうけている。この実践の指導者・趙亜夫氏は、日本に学び『現代農業』を熟読しながら、農家技術や農業協同組合の機能・事業を学び、中国で「みんなが豊かに、農業で豊かに」を実現する村づくりに取り組んだもの。この村に、二人の日本人研究者が入り、土・作物・家畜を見、農家と語り村指導者とのヒアリングを重ね、戴庄村の村づくりを活写する。

目次

序 章 中国江南・有機農業の里 戴庄村―貧しさから豊かさへの15年
第1章 戴庄村 有機農業の展開と現在
第2章 地域農業としての戴庄村有機農業へ
第3章 地域づくりのモデルとしての「戴庄村方式」―その可能性と課題
第4章 「ともに幸福になる」地域づくりに向けて
附 章 趙亜夫氏へのインタビュー
「農家の技術」と「協同のしくみ」の日中交流 その足取り―「あとがき」にかえて

解説(詳細)

【関連書籍】
「東アジア四千年の永続農業 上巻」
「東アジア四千年の永続農業 下巻」
「日中韓農協の脱グローバリゼーション戦略」
「シリーズ地域の再生7 進化する集落営農」
「シリーズ地域の再生20 有機農業の技術とは何か」

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る