全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

世界の土・日本の土は今

地球環境・異常気象・食料問題を土からみると

書誌詳細情報

世界の土・日本の土は今

地球環境・異常気象・食料問題を土からみると

著者 日本土壌肥料学会

定価 1,080円 (税込)

ISBNコード 9784540142604

発行日 2015/05

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 128ページ

在庫 あり

この本のジャンル

著者

小崎隆(日本土壌肥料学会長。首都大学東京教授、京都大学名誉教授)/波多野隆介(北海道大学教授)/伊ケ崎健大(国際農林水産業研究センター:JIRCAS)/田中壮太(高知大学教授)/山本定博(鳥取大学副学長)/高田裕介(農業環境技術研究所)/前島勇治(農業環境技術研究所)/平舘俊太郎(農業環境技術研究所)/西田瑞彦(農研機構 東北農業研究センター)/高橋智紀(農研機構 東北農業研究センター)/小原 洋(農業環境技術研究所)/松本成夫(国際農林水産業研究センター:JIRCAS)/木村 武(JA全農)

目次

はじめに
PART1 土のことを考えてみよう
 私たちにとって土とは何だろう
PART2 なぜ土壌は劣化するのか
 世界の土壌は今 土壌劣化の現実(砂漠化と風食、水食、土壌塩類化、有機物消耗)
 よりくわしく知りたい人のための 土壌劣化のメカニズム
PART3 世界の土壌 日本の土壌
 地球に生まれた個性的な土壌たち
 豊かで多様な日本の土壌
PART4 田んぼの土を考える
 田んぼと水田土壌が支えてきた「もの」と「こと」
 田んぼの土に現れ始めた異変
 【カコミ】日本の農地土壌の変化を追う
PART5 食と農業から土壌と環境を考える
 私たちの食が日本の土壌と環境を壊している
 今 私たちが考えなければならないこと

解説(詳細)

2013年12月に行われた国際連合総会において、12月5日を世界土壌デーと定め、2015年を国際土壌年とする決議文が採択された。決議文には「土壌は農業開発、生態系の基本的機能および食糧安全保障の基盤であることから、地球上の生命を維持する要」とあり、急激に進む砂漠化、土地劣化や干害などの解決を訴え、12月5日を「世界土壌デー」と定めた。
本書は、日本土壌肥料学会の第一線研究者が、地球上の土壌劣化の厳しい現実とともに、食も含めた我々の暮らしと土壌のかかわり、および課題を提起した書である。

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

朝日新聞6/11書評掲載!
世界の田園回帰

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る