全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

シリーズ田園回帰1 田園回帰1%戦略

シリーズ田園回帰
地元に人と仕事を取り戻す

書誌詳細情報

シリーズ田園回帰

シリーズ田園回帰1 田園回帰1%戦略

地元に人と仕事を取り戻す

著者 藤山浩

定価 2,376円 (税込)

ISBNコード 9784540142437

発行日 2015/06

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 236ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

地方消滅の危機が叫ばれているが、毎年人口の1%を取り戻せば地域は安定的に持続できる。島根県での小学校区・公民館区単位の人口分析をベースに、定住増に対応した地域内循環の強化による所得の取戻し戦略を提案。

著者

ふじやま・こう 
1959年、島根県生まれ。島根県中山間地域研究センター研究統括監、島根県立大学連携大学院教授。1982年一橋大学経済学部卒業。2008年、広島大学大学院社会科学研究科博士課程後期修了。(株)中国・地域づくりセンターなどを経て、1998年より島根県中山間地域研究センター勤務、2013年から現職。著書、『中山間地域の「自立」と農商工連携--島根県中国山地の現状と課題』(共著)新評論、2009年 『これで納得! 集落再生--「限界集落」のゆくえ』(共著)ぎょうせい、2011年 『地域再生のフロンティア--中国山地から始まる この国の新しいかたち』(共編著)農文協、2013年など。

目次

序章 「市町村消滅論」は本当か
第1章 「2015年危機」と「大規模・集中化」の半世紀――田園回帰という希望
第2章 田園回帰が始まった――島根からの報告
第3章 人口の1%取戻しビジョン
第4章 所得の1%取戻し戦略
第5章 田園回帰を支える社会システムの設計
第6章 求められる田園回帰に向けた条件整備

解説(詳細)

【シリーズ】第2巻「人口減少に立ち向かう市町村」

読者カード

【メディア】
■NHK四国制作「田舎で見つけた希望の芽」2016年4月15日放送
■NHKクローズアップ現代2015年12月9日放送「“移住1%戦略"は地方を救えるか」。編者・小田切徳美先生と著者・藤山浩先生が出演。
【著者インタビュー】
■朝日新聞2015/11/17オピニオン欄
「地方再生の決定版」と最近、評判になっている本があるという。その名も「田園回帰1%戦略」。どんな策なのか。島根県で長年、過疎と向き合ってきた著者に聞いた。

【書評】
■毎日新聞2015/10/18 幸せで美しい人生送る日本人増やせ 評者:藻谷浩介さん「地域再生の分野の書籍の決定版中の決定版。すべての地域振興関係者の精読を請う。」
■日本農業新聞2015/9/6 1%の人口の取り戻しの提案内容は説得力がある。小さな地域や市町村に適した人口推計手法で算定すると「地方消滅」論と異なる結果が出る。農山村の現場から考察することの必要性がよくわかる。
■朝日新聞2015/8/16 評者:諸富徹さん「田舎の田舎」が示す人口増の光「消滅論」で意気消沈した自治体にぜひ、本書で次の一歩を踏み出すきっかけを得てほしい。
■読売新聞2015/7/5 評者:濱田武士さん 過疎地域で創生に取り組む実践者のための理論書としても完成度が高く、過疎対策のバイブル的存在になるかもしれない。

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

加工・保存・調理をこの1冊で!
柿づくし

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る