全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

内山節著作集12 貨幣の思想史

内山節著作集

書誌詳細情報

内山節著作集

内山節著作集12 貨幣の思想史

著者 内山節

定価 3,024円 (税込)

ISBNコード 9784540141362

発行日 2015/11

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 四六 344頁

在庫 あり

この本のジャンル

著者

うちやま・たかし 1950年、東京生まれ。哲学者。『労働過程論ノート』(1976年、田畑書店)で哲学・評論界に登場。1970年代から東京と群馬県上野村を往復して暮らす。趣味の釣りをとおして、川、山と村、そこでの労働のあり方についての論考を展開、『山里の釣りから』(1980年、日本経済評論社)に平明な文体で結実する。そこでの自然哲学や時間論、森と人間の営みの考察が『自然と人間の哲学』(1988年、岩波書店)『時間についての十二章』(1993年、同)『森にかよう道』(1994年、新潮社)などで展開された。NPO法人・森づくりフォーラム代表理事。『かがり火』編集長。「東北農家の会」「九州農家の会」などで講師を務める。

目次

著者解題 貨幣の奴隷からまぬがれる道を求めて
 *
貨幣の思想史
プロローグ 人間と貨幣の関係
第1章 国家の富の創出
第2章 「自然の秩序」と貨幣
第3章 使用価値をめぐって
第4章 経済学と理想の秩序
第5章 経済学が生まれる時
第6章 貨幣の経済をめぐる矛盾
第7章 貨幣廃絶論の行方
第8章 人間の尊厳と貨幣
第9章 観念の支配としての貨幣
第10章 社会主義と労働時間
第11章 貨幣の時代の憂鬱
第12章 貨幣の精神史
エピローグ 貨幣と虚しさ
補章1 貨幣の擬制
補章2 劣化する貨幣
 *
労働という習慣を考える
「時間」が管理する時代から、「腕」を尊重する風土への回帰
古典経済学の思想史から見える「お金」の不思議
 *
初出および底本

解説(詳細)

欧州近現代の経済思想家たちは「貨幣と人間の関係」をどうとらえたかを辿り、「貨幣をめぐるジレンマ」を近代思想は克服できないことを明らかにする[初版新潮社1997年]。新たに1章を加える。ほかに「古典経済学の思想史から見える『お金』の不思議」など貨幣にかかわる論考3編を収録。

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

カリスマ店長の本!
ドクター古藤(コトー)の家庭菜園診療所

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る