全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

プランターで有機栽培1

土つくり・タネとり・苗つくり

書誌詳細情報

プランターで有機栽培1

土つくり・タネとり・苗つくり

著者 安藤康夫

定価 1,512円 (税込)

ISBNコード 9784540131943

発行日 2014/03

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B5 80ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

土壌動物や微生物こそが肥沃な土をつくる源だという考えで、台所の発酵食品や米ヌカをはじめ、収穫残さ、街路樹の落ち葉、自宅で飼育するウズラのふんまでも活用し、有機・無農薬のプランター栽培を実践。ふつうのプランター栽培では、購入資材以外の有機物や小動物は排除する傾向にありますが、むしろ積極的にとり入れることで、畑をしのぐほどの収穫が実現します。著者の栽培理論から、ボカシ肥、腐葉土、パワー液肥のつくりかた、100円ショップ活用法、都会でできるタネとり法、独創的な簡易温室のつくり方など、驚きの菜園術を公開。

著者

安藤康夫(あんどう やすお) 
1963年生。東京都板橋区。土の量に限りがあるプランターでは不可能と思われた有機・無農薬栽培を、身近な有機物の利用と、納豆菌・乳酸菌によるパワー液肥をつかったこまめな追肥によって、成功させている。著書に、『有機・無農薬 コンテナでできる本格野菜づくり』(野菜だより特別編集)学研パブリッシング。

目次

1 四季の屋上・ベランダ菜園

【冬】春の準備はもうはじまっている
【春】農繁期に突入! 果菜類の植えつけに大忙し
【夏】梅雨明けと同時に、怒とうの収穫ラッシュ!
【秋】旬の味覚がすぐそこにある毎日
プランター菜園でのプチ自給生活
屋上菜園でうごめく、生き物たち
(コラム)屋上・ベランダ菜園の家畜にウズラはいかが!?


2 微生物をとことん生かす、土つくり

わたしのプランター栽培理論
プランター内の土を、野菜がよろこぶ発酵空間に
菜園の「土の収支計算」をしてみると……
生育を応援 パワー液肥をつくる
野菜のサインを見逃すな!
甘ーい野菜ができる ボカシ肥をつくる
落ち葉のミルフィーユ! 腐葉土をつくる
土は捨てずにリセット! どんどん肥沃になる
(コラム)考察! トマトの市販培養土栽培 VS ゲリラ植え栽培


3 容器と道具のえらびかた、つかいかた

野菜の性格にあわせて、容器をえらぶ
深い容器が必要な野菜
浅い容器が必要な野菜
プランターの設置場所
100円ショップでそろえる、菜園の道具たち
(コラム)考察! ナスの無肥料栽培 VS パワー栽培


4 じぶんでタネとり、苗つくり

かんたん! じぶんでタネとり
果菜類のタネとり
根菜類、葉菜類のタネとり
種イモの保存と芽だし
こだわりのタネで苗つくり
熱帯魚用の水槽とヒーターでミニハウスをつくる
(コラム)考察! 市販のオレンジトマトからタネとりすると……

解説(詳細)

【関連書籍】
「プランターで有機栽培2」
「大判 プランター菜園コツのコツ」

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

カリスマ店長の本!
ドクター古藤(コトー)の家庭菜園診療所

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る