全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

宮崎牛物語

書誌詳細情報

宮崎牛物語

著者 宮崎日日新聞社

定価 1,944円 (税込)

ISBNコード 9784540131936

発行日 2014/03

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 四六 276ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

2007年、第9回全国和牛能力共進会(和牛オリンピック)での日本一獲得の喜びもつかの間、2010年4月20日、宮崎県都農町での感染疑い確認から8月27日の終息宣言まで、29万7808頭の家畜が殺処分された家畜伝染病「口蹄疫」。その報道で第26回農業ジャーナリスト賞を受賞した宮崎日日新聞社の記者9名が、終息宣言からわずか2年後に再び日本一に輝くまでを中心に、宮崎牛の歴史、口蹄疫の被害と再生への道のり、ブランド確立への努力、サシ信仰への反省から生まれた新たな飼育法、牛の一生と農家の日常を、農家に寄り添い丁寧に描く。

著者

宮崎日日新聞社
1940年11月25日に宮崎県内の日刊紙9紙を統合して日向日日新聞として創刊。1961年1月1日に現在の名称に変更。2010年4月20日以降の口蹄疫に関する一連の報道で第26回農業ジャーナリスト賞を受賞。発行部数は23万部。実際の執筆は24歳から50歳までの記者9名。平均年齢36歳。

目次

第一章 ブランドへの道
・和牛立県の素地
・三大ルーツ
・改良の始まり
・地域間競争
・発展の礎
・種雄牛の集中管理
・スーパースター
・門外不出
・肥育の歴史(上)
・肥育の歴史(下)
・ブランドの誕生
・和牛のオリンピック
・初の日本一

□全国和牛能力共進会とは

第二章 激震口蹄疫
・発生前夜
・凍り付いた日常
・感染南下
・種雄牛決死の避難
・本丸陥落
・魔の手
・紡ぎ合う絆
・官邸動く
・涙のワクチン接種
・スーパーエースの感染
・四九頭の運命
・救え主力五頭
・殺処分の現場
・東国原VS山田
・戦いの結末
・激震地は今

□豚肉の生産も盛ん

第三章 奇跡の連続日本一
・いざ長崎
・口蹄疫のハンディ
・一次選考スタート
・熾烈な戦い
・県代表二八頭決まる
・全国の強豪
・実力示した九州勢
・挑戦者たち(上)
・挑戦者たち(中)
・挑戦者たち(下)
・和牛の祭典開幕
・夢舞台(上)
・夢舞台(下)
・優等首席ラッシュ
・悲願達成
・勝因

□宮崎県の農業

第四章 全国の食卓へ
・ダブルパンチ
・宮崎牛にならない宮崎牛
・首都圏へ売り込む
・苦労続きのセールス
・ライバル
・地産地消
・霜降り信仰
・赤身の台頭
・現場からの提言

□宮崎のブランド牛

第五章 牛たちの一生
・種付けから誕生まで
・母牛との時間
・子牛競り
・種雄牛への道
・肥育スタート
・霜降りへのこだわり
・生体から枝肉へ
・骨や皮も人のために

発刊に寄せて

年表 宮崎牛の歩み
参考文献

解説(詳細)

【関連書籍】
「ドキュメント口蹄疫」

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る