全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

農業法研究48号 都市農業と土地制度

農業法研究
社会の転換期における意義と位置づけ

書誌詳細情報

農業法研究

農業法研究48号 都市農業と土地制度

社会の転換期における意義と位置づけ

著者 日本農業法学会

定価 4,320円 (税込)

ISBNコード 9784540131554

発行日 2013/06

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 192ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

本書における都市の「転換」とは@人口減少(膨張拡大の時代を終え、質の向上を伴う縮小に向かう)A高齢化(リタイア後の地域での生活の比重が大きくなる)B価値観の転換と多様化(自然との触れ合い、人々との結びつきの重視)C資源多消費型の見直しD災害への備え。都市に都市農業・農地は不要のものとした68年「都市計画法」の位置づけの国レベルの再検討が行なわれるなか、都市農地を都市に必要な土地利用と位置づけ直し、都市農業・農地をめぐる論点、市街化区域、調整区域、生産緑地法などの制度的課題を整理する。

著者

後藤光蔵(武蔵大学)古澤達也(国土交通省都市計画課)原修吉(東京都農業会議)江成卓史(横浜市南西部農業委員会)淵野雄二郎(東京農工大学)加藤義松(全国農業体験農園協会)宮崎淳(創価大学)久米一世(早稲田大学院生)亀岡鉱平(早稲田大学助手)長 友昭(拓殖大学助教)前田幸永(農林水産省大臣官房文書課)

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

カリスマ店長の本!
ドクター古藤(コトー)の家庭菜園診療所

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る