全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

いのちつぐ「みとりびと」 第2集 全4巻

書誌詳細情報

いのちつぐ「みとりびと」 第2集 全4巻

著者 國森康弘 写真・文

定価 7,776円 (税込)

ISBNコード 9784540121647

発行日 2014/01

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 AB 各32

在庫 あり

この本のジャンル

解説

2万もの人がいのちを失った東日本大震災、その地には、悲しみを刻みながら今を生き、いのちをつなぐ人たちがいる。被災地に生きる人々の暮らしに目を向け、その「いのちのバトンリレー」や看取りをつぶさに描く。
チラシはこちら

著者

國森康弘(くにもり やすひろ)
写真家、ジャーナリスト。1974年兵庫県生まれ。神戸新聞記者を経て、イラク戦争を機に独立、イラク、ソマリア、スーダン、ウガンダ、ケニア、カンボジアなどの紛争地や経済貧困地域を回って撮影・取材。国内では、戦争体験者や野宿労働者のほか、近年では看取り・在宅医療・地域包括ケアの撮影・取材に力を入れる。2011年度上野彦馬賞。著書に、『家族を看取る』(平凡社)、『証言沖縄戦の日本兵』(岩波書店)、『子ども・平和・未来 21世紀の紛争』(岩崎書店、共著全5巻)、『3・11メルトダウン』(凱風社、共著)などがある。

目次

<収録巻>
5.「歩未とばあやんのシャボン玉」
6.「華蓮ちゃんさいごの家族旅行」
7.「ぼくはクマムシになりたかった」
8.「まちに飛び出したドクターたち」

解説(詳細)

【関連書籍】
「いのちつぐ「みとりびと」第1集 全4巻」

「ご飯が食べられなくなったらどうしますか?」

読者カード

■新聞・雑誌
・西日本新聞4月22日「かぞく百景U えほんの風景」被災地みとりの風景
・京都新聞4月13日「じいやん、ねんね」孫が贈ったシャボン玉 「被災地命のバトン 看取り場面ぬくもり写す」

今日の一押し本

加工・保存・調理をこの1冊で!
柿づくし

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る