全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

農村社会を組みかえる女性たち

村落社会研究48
ジェンダー関係の変革に向けて

書誌詳細情報

村落社会研究48

農村社会を組みかえる女性たち

ジェンダー関係の変革に向けて

著者 日本村落研究学会

定価 5,400円 (税込)

ISBNコード 9784540121432

発行日 2012/10

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 304ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

家族関係を組みかえつつ活動してきた女性リーダーの自己認識、ジェンダー体制が堅固な地方政治における女性農業委員の選出、女性起業の展開でジェンダー関係が変わってきた地域社会、イエ・ムラから比較的自由な新規就農有機農家におけるジェンダー関係など、家族・地方政治・経済活動・価値観等の領域ごとに先進的な取組み事例を設定し、農村のジェンダー関係のあり方や組みかえの経緯を分析。さらに、各領域でのジェンダー関係組みかえの可能性を追究し、その積み重ねによって今なおジェンダー関係が残存する農村社会の変革をめざす。

著者

企画:日本村落研究学会
編者:東京農業大学国際食料情報学部准教授・原珠里(はら しゅり)、明治大学農学部教授・大内雅利(おおうち まさとし) 

目次

【共通テーマ】農村社会を組みかえる―ジェンダー関係の視点から―
●序章 農村社会におけるジェンダー関係への視角(原珠里・大内雅利)
一 問題意識と背景
二 個人の視角からの農村女性研究の展開
三 本書の視角
四 本書の課題と構成

●第一章 農村女性関連施策の展開と家族経営協定(川手督也)
はじめに
一 農村女性関連施策の展開と背景
二 家族経営協定の実際と効果、限界
むすびにかえて

●第二章 地域の意思決定の場への参画―長野県における女性農業委員の活動から―(藤井和佐)
一 問題の所在
二 長野県A町の成り立ち
三 意思決定の場への女性のリクルートメント

●第三章 女性農業者のライフコースからみた職業キャリアの展開―水沢地方農業担い手女性塾メンバーの場合より――(大友由紀子・堤マサエ)
はじめに
一 研究方法
二 女性農業者としてのキャリア形成
三 多様化する向老期の生活課題と次世代への継承
四 まとめ――女性塾メンバーのキャリア形成にみる世代的特徴――

●第四章 地域再生のための農村女性起業の役割と課題―高知県四万十町旧十和村「おかみさん市」を事例として―(西山未真)
一 問題状況と課題
二 事例分析(1 事例の地域概要と調査方法、2 おかみさん市の概要、3 おかみさん市の展開過程)
三 考察(1 いえ・むらと女性の位置づけの変化、2 女性・女性起業と地域社会の今後)
四 まとめ(1 いえやむらの変化と女性の位置づけ、2 女性・女性起業と地域社会のこれから)

●第五章 有機農業新規就農女性の農業観・生活観―有機農業運動におけるジェンダーロールと消費者との関係性―(波夛野 豪)
はじめに
一 現段階における有機農業とジェンダー問題の構図
二 有機農業新規就農者の営農実態
三 生活観およびムラとの関係
おわりに

●終章 ジェンダー関係を組みかえるということ農村社会の現状と課題―(原珠里・大内雅利)
一 テーマと分析枠組
二 統計からみた現状
三 ジェンダー関係を組みかえた要因
四 イエムラ制社会とジェンダー関係の組みかえ
五 三つのフェミニズム
六 次世代への継承
七 残された課題

【研究動向】
史学・経済史学における村落社会研究の動向(山内 太)
農業経済学の研究動向(工藤康彦)
社会学・農村社会学の研究動向(松宮 朝)
地理学の研究動向(中條曉仁)
ジェンダー研究の動向
第59回村研大会記事

解説(詳細)

■関連書籍
「ヒメ、農民になる」
「暮らしの革命」
「村おこしは包丁のリズムにのって」
「「食」業おこし奮闘記」

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

山で稼ぐ!
小さい林業で稼ぐコツ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る