全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

壊国の契約 NAFTA下メキシコの苦悩と抵抗

書誌詳細情報

壊国の契約 NAFTA下メキシコの苦悩と抵抗

著者 エリザベス・フィッティング
里見実

定価 2,808円 (税込)

ISBNコード 9784540121296

発行日 2012/07

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 288ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

北米自由貿易協定(NAFTA)による米国産の安いトウモロコシの大量輸入は、メキシコの農業や農村にどのような災厄をもたらしたか。第1部では、輸入に伴うGM遺伝子の拡散を契機とした「GM論争」を中心に、自由貿易コーン体制とそれへの抵抗運動を全国的レベルで捉え、第2部では農村のフィールドワークをもとに、農業の担い手の高齢者化、開発と農外就業の増加、合衆国への出稼ぎやビザなし移民の急増、農民世帯のあり方の変化など、メキシコの伝統的なトウモロコシ農業の危機と農村の変化を叙述。TPP問題にゆれる日本に警鐘を鳴らす。

著者

エリザベス・フィッティング(Elizabeth Fitting)
カナダの文化人類学者。ダルハウジー大学人文社会科学学部の社会学・社会人類学助教授。

里見実(さとみ みのる)
1936年生れ。元国学院大学教員(1965―2007年)。主として教育・学習理論と中南米文化・演劇運動にかんする著作・翻訳に従事。

目次

●序論 国産トウモロコシのためのたたかい
この本の概要
トウモロコシの発祥地での調査
方法論
地峡の暮らし-トウモロコシ、移住労働者、そして保税工場
トウモロコシ文化についての語り
文化を概念化する
トウモロコシ その前と後
産地不明の食糧 企業フード・レジームの台頭
地方農村の危機
小農のたそがれ?
グローバリゼーションを概念化する

<第1部 論争>――北米自由貿易協定(NAFTA)締結後のトウモロコシの大量輸入とGM論争

●第1章 遺伝子組み換えトウモロコシとその専門家たち
――トウモロコシ発祥の地で拡散するGM遺伝子 専門家だけにまかせてよいのか?
トウモロコシはメキシコ人を結びつけた-「トウモロコシを擁護して」
定義・バイオテクノロジーと生物多様性
「近代」品種と「伝統」品種
生物的多様性
論争の背景
NAFTA下のコーン輸入
グローバル・ガヴァナンス
コーンをめぐる対立
発見を農業化する 改良された自然か、汚染か?
汚染コーンと感染トルティーヤ?
リスクとその知見の専門性
リスクから文化へ
トウモロコシを擁護して
反応と規制

●第2章 コーンとハイブリッド国民――メキシコの歴史と文化に深く根ざしたトウモロコシ農業 議論はどう展開してきたか?
「トウモロコシを失うことは国を失うこと」
コーンとハイブリッド国民
自由主義から革命へ
インディヘニスモ
植民地主義の私生児
農地改革と農民のアイデンティティ
国家の政策における諸変化
農業近代化
高度モダニスト農業
緑の革命
トウモロコシの供給システム(CONASUPO)
農業論争
新自由主義コーン体制
発展への障壁としてのトウモロコシ農業
トウモロコシ主権と質への要求
トウモロコシと多文化国家

<第2部 暮らしの立て方>――北米自由貿易協定(NAFTA)がもたらした農業の危機と生活の激変

●第3章 地域社会と内部対立
――コミュニティと水利組合と国家の関係を水利をめぐる抗争史からみる
集落の用水管理システム
歴史的背景
カナート式地下水道
20世紀初頭のサン・ホセ
ドン・イグナシオ
土地保有
水紛争
コヨアトルの泉
アトソンパの泉
抗争の言語と、「呪われた」インディアン
サン・ホセ地域社会の半世紀

●第4章 農村の再形成
――危機への農民的対応としての出稼ぎ・移住と、トウモロコシ農業のゆくえ
地峡農業のコンテクスト
南部地峡のおける経済危機と構造調整
トウモロコシ、ジェンダー、家族生活
トウモロコシ農業
トウモロコシに依拠した暮らし
コスト
風味
セイフティ・ネットとしてのトウモロコシ
農村開発と労働力輸出
マキーラティトラン
国外移民
不安定性
経済発展としての出稼ぎ資金
サン・ホセでの仕送り
トランスナショナルなトウモロコシ畑
住民たちのストオリイ-アンヘラ/フアナとその家族/ホセ/フアン

●第5章 カンペシーノ、いまでは移民労働者とマキーラ労働者に? 
――農業への関心のうすれと、土地に根ざした暮らしのアイデンティティの問題
非効率な伝統か、品格ある労働か
カンペシーノである、ということ
百姓の実践知
農業知識の捉え方
「トウモロコシ畑じゃ、カネにならない」-出稼ぎ労働と農業スキルの剥落
移民労働とマキーラでの労働を、住民たちはどうみているか
消費文化と地域社会
国境越えと男の沽券
性別空間と女性にとっての労働の旅
ドーニャ・ルシア
形を変えて再生産される女性の役割
フアナとその家族
アンヘラ
「俺たちを指して、人はインディアンと言う。流れている血は同じなのに」

●結論
略語一覧

解説(詳細)

■関連書籍
「異常な契約-TPPの仮面を剥ぐ」
「TPP反対の大義」
「TPPと日本の論点」
「よくわかるTPP 48のまちがい」
「恐怖の契約 米韓FTA」

読者カード

「以前にメキシコに研修に行きました。しかしこういうことを知らずに行っていたことを恥ずかしく思いました。あのトウモロコシに対してNAFTAや新自由主義が苦しめていたのか!日本もTPPに対して反対しなくてはならない。」(神奈川県・73歳)

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

カリスマ店長の本!
ドクター古藤(コトー)の家庭菜園診療所

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る