全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

ローカリズム原論

新しい共同体をデザインする

書誌詳細情報

ローカリズム原論

新しい共同体をデザインする

著者 内山節

定価 1,944円 (税込)

ISBNコード 9784540121210

発行日 2012/02

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 184ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

2011年前期の立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科での講義「ローカリズム原論」をもとにしている。開講直前、3.11東日本大震災と東電福島第一原発事故に見舞われ、内容を一部変更して実施された。そのテープ起こし原稿に全面的に加筆。3.11後の社会以前から「関係性の再構築」の流れが生まれつつあり、それが3.11によって加速すると内山氏は見ている。そのときベースとなるコミュニティや、その基層的精神のよりどころとなる風土をどうとらえるか。これからの社会の再構築に向けた主体や社会デザインの方向をわかりやすく語る。

著者

内山節(うちやま・たかし)
1950年東京生まれ。哲学者。立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授。著書『共同体の基礎理論』(農文協)、『文明の災禍』(新潮新書)など多数。(特非)21世紀社会デザインセンター立教大学大学院の内山氏の受講生が2003年に法人設立。森の番人育成プロジェクトや山村スタディーツアーなどの活動を展開。

目次

●第1講 コミュニティをどうとらえるか
大震災が明らかにした「開かれたコミュニティ」の意味
大津波の後にも海を信じる漁師たち
翻訳語としての「社会」「自然」
国津神と天津神が相克する世界観
精霊信仰と仏教・道教の融合
都市生活から生まれたご利益信仰

●第2講 日本と欧米の社会観を比べてみると 
上野村の「川下げ」が意味するもの
ユングの集合的無意識から年中行事をみると
建物だけでなく集落の営みすべてを残す
里のご先祖様から家のご先祖様へ
「おのずから」と「みずから」
「おのずから」の世界と自然信仰

●第3講 日本人にとって個とは何か
欧米と日本の「個の確立」の違い
関係性による自己形成こそが人間の原点
伝統的共同体での理想の生き方
伝統的な共同体と「祈り」「願い」「信仰」

●第4講 共同体は単一ではなく多層的なものである
現代コミュニテイ論の出発点となったマッキーヴァー
トクヴィルがとらえる「精神の習慣」
上野村の共同体も単一ではない
単一の共同体論の誤り
都市で発達した共同体・講

●第5講 日本の近代化は共同体をいかにしてこわしてきたか
鎌倉期までの共同体
為政者は共同体に手を焼いてきた
儒学が「国家あっての民」の世界をつくる
明治の「神仏分離令」と「修験道禁止令」
国民精神の確立と文部省唱歌
日本の色の否定
尋常小学校が村の行事をこわす
共同体の終焉と見直しの動き
個人を基調にした社会がいきづまった
国民国家と共同体

●第6講 国民国家・市民社会・市場経済への反撃がはじまった
戦争が国民国家を生んだ
拡大をめざす近代のシステムの劣化と人間の退廃
ラルザック地方の土地に根ざした「反グローバリズム」
ローカリズムとはシステムに管理された社会への反撃

●第7講 風土論でローカルな世界をとらえる
和辻哲郎の風土論がとらえた三つの世界
東アジアモンスーン地帯と大東亜共栄圏
三澤勝衛の風土論の先進性

●第8講  人間にとって主体とは何か
キリスト教は一神教か
「神なき時代」の主体とは
「主体の非存在」を表現したカミュの「異邦人」
人間は「意味の体系」にしばられている
主体は個のなかに存在しているのか
漂流する主体
私とは「関係の総和」である

●第9講 「個としての主体」という牢獄
日本の仏教にみる知性、身体性、霊性=生命性
「社会:構造」と「世間:つながり」
ヴェルレーヌと「源治物語」にみる「自分」の違い
現代社会が生み出すソフトな牢獄
主体と客体のすり替えと自己撞着
なぜ道はふさがれてしまったか
ヨーロッパローカルの思想をこえて

●第10講 復興のグランドデザインと価値の共有―3.11後の社会をデザインする
なぜ脱原発なのか
復興のグランドデザインとは
復興の主体は「関係」にある
外部と結ぶコミュニティと経済活動
価値共有は価値交換から生まれる

<活動紹介>21世紀社会デザインセンターについて

解説(詳細)

書評・紹介記事
■【東京新聞・土曜訪問】4月7日 開かれた地域基盤に 新しい共同体像を探る 内山節さん
■【東京新聞・書評】4月1日 祖田修氏・難解な用語と論述を駆使するのではなく、日常の言葉で生の深みに迫る本書に引き込まれ共鳴するところが多い。
■【日本農業新聞・書評】3月26日

読者カード

「コミュニティデザインという言葉が独り歩きしています。「共同体」「コミュニティ」 それらをきちんと考察しないで 日本では使われています。コミュニティの位置付けに本書の内山氏はきちんと答えを出しています。著者の本はもう何冊読んだことか あいかわらず平易な文体でとても説得力があります。」(愛知県・66歳)

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

朝日新聞6/11書評掲載!
世界の田園回帰

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る