全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

二万年の奇跡を生きた鳥 ライチョウ

書誌詳細情報

二万年の奇跡を生きた鳥 ライチョウ

著者 中村浩志

定価 2,700円 (税込)

ISBNコード 9784540121180

発行日 2013/08

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 四六 272ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

日本のライチョウはなぜ人を恐れないか。興味深いその生態や社会行動の解明を通して浮かび上がる、ライチョウと日本の自然、また日本人の暮らし、文化との関わり。2000羽を切った「奇跡の鳥」のラストメッセージ。

著者

中村浩志(なかむら ひろし)
信州大学名誉教授。1947年、長野県生まれ。さまざまな鳥の研究で世界的にも高い評価を受けている。2002年にはカッコウの研究で、鳥学の発展と鳥類保護の功績を顕彰する「山階芳麿賞」を受賞。日本鳥学会元会長。

目次

●第1部 画期的な調査方法
1章 すべてのライチョウを捕獲せよ
2章 なぜ、ライチョウを捕獲するのか
3章 本格的な調査、はじまる

●第2部 高山環境への見事な適応と進化
4章 いつ、何を食べているのか
5章 ライチョウは一年に三回換羽する!
6章 ついに解明された厳冬期の生活
7章 どれだけ生まれ、どれだけ育つか
8章 ライチョウの死亡原因と寿命
9章 明らかになったライチョウの社会
10章 日本列島での進化と絶滅の歴史
11章 日本最小の集団の謎
12章 分散で維持されている分布周辺の集団
13章 ライチョウに忍び寄るさまざまな危機

●第3部 ライチョウは生き残れるか?
14章 ライチョウの保護活動
15章 野生動物の保護とは?
16章 なぜ日本のライチョウは人を恐れないのか?
17章 奇跡の鳥・ライチョウの未来

解説(詳細)

■関連書籍
「写真ルポ イマドキの野生動物」

読者カード

■毎日新聞2014年8/1朝刊「夏休み 環境考える本」で紹介! 高山環境の保全の重要性説く本。

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る