全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

放射性廃棄物のアポリア

フクシマ・人形峠・チェルノブイリ

書誌詳細情報

放射性廃棄物のアポリア

フクシマ・人形峠・チェルノブイリ

著者 土井淑平

定価 1,728円 (税込)

ISBNコード 9784540112904

発行日 2012/02

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B6 224ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

30〜50年前に放置された鳥取・岡山県境の人形峠ウラン残土撤去運動をになった著者が、その体験と視点から福島第一原発事故の実態を追求すると同時に、チェルノブイリとスリーマイルの事故の意味を、福島第一原発事故に引き寄せて再考。こうした核惨事に至るはるか以前から、原発は地域の自然や農林漁業と共存できないことを見抜き、粘り強い抵抗を続けてきた全国津々浦々の農家や漁師、地域住民の闘いにもあらためて注意を向ける。

著者

1941年鳥取市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。元共同通信社勤務。ウラン残土市民会議運営委員。さよなら島根原発根ネットワーク会員。四日市公害(1960年代)、川内原発建設反対(1970年代)、青谷原発立地阻止(1980年代)、人形峠ウラン鉱害(1980年代末から今日まで)などに取り組む。

目次

第一章 フクシマで何が起きたか――世界を震撼させた同時多発の巨大事故
 1 メルトダウンからメルトスルーへ
 2 地震列島の上に立つ原発の危険性
 3 放射能の大量放出と国内国外への拡散
 4 ふるさとを追われる住民と子どもたちの被ばく
 5 大地・上水水・農産物・畜産物・水産物の汚染
 6 高濃度の放射能汚染水による深刻な海洋汚染

第二章 あとは野となれ山となれ―― フクシマと人形峠と核廃棄物を結んで
 1 人形峠のウラン採掘とウラン残土の放置
 2 ラドンによる被ばくと肺ガンの多発
 3 人形峠と福島の汚染の状況を比較して
 4 福島原発事故で汚染された大地の環境復旧計画
 5 福島原発事故の廃炉と放射性廃棄物の行くえ
 6 使用済み核燃料と高レベル放射性廃棄物
 7 使用済みの中間貯蔵と高レベルの最終処分
 8 人形峠に立ち返って核のゴミ戦争を考える

第三章 右であれ左であれわがふるさと――日本の原子力開発と反原発運動の現在
 1 漁民の海戦で始まった日本の反原発運動
 2 もうひとつの戦争としての原子力の平和利用
 3 地域の論理が中央の論理を超えるとき
 4 政党や労組と一線を画する草の根の住民運動
 5 ピラミッド型階層構造とネットワーク構造
 6 ニューウェーブとオールドウェーブ
 7 チェルノブイリ後の反原発と脱原発
 8 原子力産業の巻返しと反原発運動の新展開
 9 フクシマ以後の状況と課題

第四章 チェルノブイリの墓銘碑――地球を駆け巡った核暴走の巨大事故
 1 核暴走した原子炉が大爆発して炎上
 2 決死隊による事故処理と膨大な原発難民
 3 地球を駆け巡った放射能と汚染食品
 4 女性と赤ん坊を襲った放射能の爪跡
 5 急性障害の犠牲者と緩慢なるジェノサイド

第五章 スリーマイルの残骸――全米をパニックに陥れたメルトダウン事故
 1 あわやチャイナ・シンドローム!
 2 一四万四〇〇〇人が全米二一州に逃げ出す
 3 メルトダウンで放出された大量の放射性物質
 4 痛めつけられた動植物と死にすぎた赤ん坊

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る