全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

保存食の絵本1 野菜

つくってあそぼう

書誌詳細情報

つくってあそぼう

保存食の絵本1 野菜

著者 小清水正美
亀澤裕也

定価 2,700円 (税込)

ISBNコード 9784540111327

発行日 2012/02

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 AB 36ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

保存の基本は干す・漬ける。乾物の代表切干大根から干しいも、ぜんまい、保存漬け、佃煮、水煮、びんづめまでつくり方と使い方。

著者

小清水正美(こしみず まさみ):元神奈川県農業技術センター・農産加工専門技術員。『食品加工総覧』執筆のほか、『食品加工シリーズ ジャム』『ジャムの絵本』『梅干しの絵本』などの著書がある(いずれも農文協)。
亀澤裕也(かめざわ ゆうや):イラストレーター。著書『てるちゃんのかお』(作・藤井輝明、金の星社)

目次

1.冬に備えて野菜を保存してきた
2.干したり、塩漬けするとなぜ長持ちする?
3.うまみを残して、水分をへらすコツ
4.野菜の保存食品(1)乾燥食品
5.野菜の保存食品(2)塩蔵、漬けもの、つくだ煮、びんづめ
6.切り干し大根をつくろう(1)切り方
7.切り干し大根をつくろう(2)干し方
8.切り干し大根のもどし方とおいしい食べ方
9.干しいもをつくろう
10.山菜や野菜の葉、きのこを干そう
11.干し野菜のオイル漬けやフライドチップをつくろう
12.塩漬けで長期保存しよう
13.きゃらぶきや、葉とうがらしのつくだ煮をつくろう
14.水煮をびんづめで保存しよう
15.トマトソースをびんづめで保存しよう

解説(詳細)

■関連書籍
「家庭でつくるこだわり食品2 野菜」
「農家が教える加工・保存・貯蔵の知恵」

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る